Yahoo! JAPANカードと楽天カードを徹底比較

私は楽天カードを所持していますが、最近Yahoo! JAPANカード(Yahooカード)が気になってます。メインの利用用途・生活シーンから楽天カードとYahooカードを比較しましたので、ご紹介します。

比較の前提は、私はエポスカードプラチナを持っています。還元率以外の補償やサービスはエポスで受けていますので、今回は単純な還元率のみ考えます。

スポンサーリンク

楽天市場とyahooショッピングの違い

両カードともに、それぞれのショップを利用しないと魅力は半減してしまいます。
なので、最初は「どちらのモールが優れているか。」から考えていきます。

まず、どちらのモールも同じような値段で同じ商品を購入可能です。値段に違いは無いと思っていいでしょう。

次にポイント倍率。ここが比較する上で難しいポイントです。

楽天市場のポイント倍率

1〜2倍のポイント倍率のお店も多いが、10倍という店舗もあります。複数ショップを買いまわるとポイント最大10倍(上限10000ポイントの期間限定)というキャンペーンが非常に魅力的です。

細かいポイントアップキャンペーンも多く(期間限定ポイントで上限1000ポイント程度)買い物前にはキャンペーン漏れが無いかチェックが必要です。エポスカードで支払う場合、たまるマーケット経由で買い物するとポイント2倍にもなります。

yahooショッピングのポイント倍率

5の付く日はポイント5倍になります。yahooプレミア会員だと4倍(期間限定でキャンペーン開催中)というものも追加され高倍率だと思います。エポスたまるマーケット経由で買い物するとポイント3倍にもなります。

しかし、yahooショッピングはポイント還元率が魅力ですが、期間限定ポイントが2週間と非常に短く失効してしまうリスクがあり、注意が必要です。楽天市場も期間限定ポイントですが、yahooよりも長く設定されるものもあり、失効のリスクは低いと考えます。

スポンサーリンク

結局どちらのモールを使いのか

yahooショッピングを利用するポイントは、yahooプレミア会員のキャンペーンがいつまで続くかによって、yahooショッピングの価値が変わってくるかと思います。(キャンペーンは2016/3/31終了予定)

yahooショッピングと楽天の違いは、少額の買い物を定期的に行う場合はyahooショッピング。大きい買い物を年に数回まとめているなら楽天市場でしょう。どれだけ期間限定ポイントを無駄なく使っていけるかがポイントです。

スポンサーリンク

楽天カードとYahoo! JAPANカードの違い

単純な還元率でいうと楽天カードもyahooカードも還元率は1%で同じです。モールで使う場合の還元率も2%で同じです。電子マネーチャージでもポイントがたまる点も同じ。

では何が違うのか。

付与されるポイントの使い勝手の違いでしょう。yahooポイントはお馴染みのTポイントとなり実店舗で利用可能です。

このTポイントとなる点が今回の最大のポイントになります!

それは、

ウエルシア薬局(マツキヨのようなお店)でTポイントを使うと、1.5倍の価値で使えるのです。

どいうこと?かというと。

例えば、yahooショッピングで200ポイントを獲得した場合、これをウエルシアで使うと300円分の買い物が可能になるのです。ただし、ウエルシアでこの制度が利用できるのは毎月20日だけですので、ご注意ください。ウエルシアが近所にある方は、この制度を使わない手はありません。

Yahooカードの還元率

Yahooショッピングで買い物して、Yahooカードで支払い、ウエルシアでポイントを使った場合、最低でも3%は確定します。

ここに追加で、買い物時に得られるボーナスポイントが入りますので、実質的な還元率はもっと上がります。

Tポイントカードを持っている方は、Yahooカードを持っていればTポイントカードを持ち歩かなくても大丈夫になるという地味ですが、ありがたいメリットも出てきます。

まとめ

楽天市場とyahooショッピングを比べた際は、yahooの期間限定ポイントをどうやって使っていくかがポイントになります。楽天よりも期限が短く失効のリスクがあります。この点でyahooでも大丈夫だと判断できるならば、yahooカード使ってTポイントを貯めてみてはいかがでしょうか。

期間限定ポイントを多少無駄にしてでも、近所にウエルシアがある方は、絶対にyahooカードがおススメです。期間限定ポイントを無視しても還元率3%のとってもお得なカードですから。

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中