駅までの道で263本のタバコが落ちてたぞ!喫煙者が迷惑だから対策を考えたみた

こんにちは、Mahaloです。私はタバコ吸わないです。昔から吸わずに過ごしています。最近って喫煙者に対しての風当たりが厳しくなっているを、非喫煙者の私でも感じます。その厳しくなった世の中で、今後喫煙者と非喫煙者が仲良くやっていく為にはどうすればいいんですかね?ちょっと考えてみました。

スポンサーリンク

喫煙者は本当に悪いのか?納税?受動喫煙?医療費?をどう考えるか

喫煙者が悪者になるのってなんででしょうね?喫煙者の意見としては所定の喫煙所で吸っているので、迷惑掛からない!多額の税金も払っている!という主張をよく耳にします。

しかし、タバコを吸うことで健康被害も発生しますので医療費が増えてしまう問題が発生するかもしれません。これは確率の問題なので、非喫煙者の方が医療費が高い場合もあるでしょう。一概には言えませんが、少なくともリスクが高いのは事実です。

だから、喫煙は、体に悪いので本人の健康を考えると辞めた方がいい。周囲へ迷惑かけないように吸うことが大切だと、私は思います。この議論をしている時点で喫煙に対しての論点がズレているんですよね。

スポンサーリンク

私が思う喫煙者のルール違反を感じるシーン

タバコを吸う方全員がそういうわけではないと思っていますが、実際には心ない喫煙者がいるのは事実でしょう。この一部の方が原因で、喫煙者全員が悪者になっているかもしれません。私は、そのように感じます。

具体的に私が許せない喫煙者の悪行です。

  • 自然の中でタバコ
  • 歩きタバコ
  • 居酒屋でのタバコ
  • 集団でのタバコ

過剰に反応しすぎって思われるかもしれませんが、上の二つの自然の中でタバコや歩きタバコは非常に許せない行為です。

なぜかというと、こちらは受動喫煙したくないのに強制的に煙を吸ってしまうからと、タバコの吸殻が道や自然に落ちている姿が非常に多いからです。

みなさん、ゲレンデの雪が解けた後の状態を見たことがありますか??びっくりするくらいタバコの吸殻が落ちています。タバコって時間が経ってもフィルター部分は分解されずに残るんだと改めて感じることができる光景が広がります。

地域のゴミ拾いをしても同じです。こんなにもゴミの総量に対してタバコの吸殻のゴミが多いことに驚かされます。喫煙者の方は、一度地域のゴミ拾いに参加した方がいいのではないかというレベルです。

本日、家から駅までの距離を歩いてみると、なんと目につくだけで263本のタバコが落ちていました!たった20分程度の道のりですよ!後日拾ってネットで晒してやろうかというレベルです。なお、交差点や人目のない場所、座れる場所に多く落ちていました。この辺りの統計も出せると面白いかもしれませんね。

 

続いて、居酒屋での喫煙や集団での喫煙は、単純に匂いがつくから嫌です。

喫煙者の方は気づかないかもしれませんが、居酒屋でのタバコって強烈です。受動喫煙程度ならば私は気にならないのですが、洋服に着く匂いは勘弁して欲しいです。何故、1時間程度いただけなのに、ここまで匂いがつくのかと驚かされます。自宅に帰ったら即ファブリーズです。

スポンサーリンク

どうすれば喫煙者と非喫煙者が仲良くやっていけるのか?答えは喫煙場所だ!

ここまでで、何故喫煙者が嫌われるのか考えてみました。ではどうすれば、両者が仲良く?というよりもトラブルなく過ごせるのか。

一般的に歩きタバコを廃止しろ!吸殻をポイ捨てするな!居酒屋で吸うな!とか言われてますね。でもこれって喫煙は所定の喫煙所ですることを徹底すれば解決するんですよね。所定の喫煙所で吸えば、歩きタバコはできません。ポイ捨てもできません。居酒屋でも喫煙エリアを作ってくれれば解決です。

中途半端に携帯灰皿なんてのが、世の中に出回っているのが悪いと思うんですよ。携帯灰皿が無ければ、喫煙所外で吸う方は少なくともいなくなる。

ポイ捨てしてしまうような悪者を撲滅するのは、難しいですね。一部自治体が条例で禁止しています。これは効果的でしょう。しかし、私はゴミ拾いを体験するのが良いかと思うんですよ。一度あのゴミの量が経験すると良心がある人なら捨てられません・・・。特に自然の中で吸う方は、自然へのダメージを考えて欲しいです。

みなさんは信じられないかと思うんですが、沖縄の綺麗な海にもタバコの吸殻って大量に落ちているんですよ。あの綺麗な海とビーチでタバコを吸ってポイ捨てする方いるんです。

下積み大好き日本人。それってホント無意味!自分の道は自分できり拓け!
こんにちは、Mahaloです。日本人って下積み本当好きですよね。新入社員に対してもとりあえず三年は転職せずに、下積みだと思って働け!という話もよく聞きます。以前、寿司職人の修行の話
こんにちは、蛭子能収さんの著書「ひとりぼっちを笑うな」に共感しまくりのMahaloです。著書の中で、「絆」や「がんばろう日本」という言葉に触れている部分がありました。そんな

シェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

30代の東京で消耗している社会人のMahaloです。沖縄でのプチホテル開業に向けて準備中。日々経験したことを自由にまとめているブログです。 ブログタイトルのMahaloはMa:〜の中に Ha:呼吸する、命、魂 Alo:共有する、向き合う 「魂・命の中に共有する」で「Mahalo:ありがとう」と考えると深い意味ですね。 私の大切な言葉「一度きりの人生、無駄にしない。他人にどう思われても構わない。自分で考え行動する」