自分探しの旅?そんなの意味ないから過去の自分を振り返ろう

こんにちは、Mahaloです。最近将来何をやりたいか考えることが多くあります。理由は、今の職をいつ辞めて、移住・起業するのか考えることがあるためです。

最近、若者中心に「自分探しの旅」といった言葉が流行してきてますね。少し前まではそんな言葉すら存在しませんでしたが、今は自分探しの旅をするために仕事を辞める方までいるくらいです。

スポンサーリンク

「自分探しの旅」をすることで何がわかる?

「自分探し」をする為に旅出るということが多いようです。自分を探すとはどのような事なのでしょうか?なぜ旅に出る必要があるのでしょうか?

旅で新たな刺激が来て、急に「私がやりたいのは、これだ!」と思えるのでしょうか?

確かに、旅による新たな刺激で変わる事があるかもしれません。でも、これって非常に可能性としては低いと思うんですよ。

単純に自分が何をやりたいの理解せずに、旅に出てしまうと「思っていたのと違う・・・」ということになり、結局解決せずに終わってしまう。そして退職して、この旅に出てしまっていたら、今後の生き方が危うくなるリスクが高まりますね。

今は、ネット時代ですので、退職してフリーランスやアフィリエイトで成功している方は多くいます。しかし、世の中そんなに簡単ではありません。退職して時間があるからと言って、この世界で成功できる人間って一体何%なのでしょうか?

イケダハヤトさんというブロガー界で有名な方もいますが、この方は、行動力もありますし、物事を伝える文章を書く力もある。コンテンツも都会に住んでいたら書けないコンテンツを書いている。退職してフリーランスとして生きて行く場合、それなりに覚悟が必要と考えるんですよ。

そんな私も、この覚悟ができていないんですけどね。

スポンサーリンク

若いうちに自分のことを理解しておく事が大切

自分が何をやりたいのかは、自分が一番よく知っているはず。自分で解決できるのに旅に出ても非効率、まずは自分の過去を振り返ってみて欲しいんです。

生まれてから今までを振り返り、「自分は何が好きだったのか」「何をするのが楽しいと感じたか」「何があった時に幸せに感じたか」こんなことを列挙してみるのです。

私の場合、学生の時に宿泊したゲストハウスが非常に憧れに思えました。その時からですね。1日数組のプチホテルを開業したいと思えるようになったのが。また、沖縄という土地に憧れを持つようになったのも、若い時に旅行に行ったからです。人をおもてなしするという事が好きなのも大きいですね。

現在の職業は、ITコンサルです。これも学生時にITに触れる機会が多かったですし、誰かの為に行動するというのが好きだったから、この職業に就職しました。

このように、若い頃に自分のことを自分自身で理解しておく事は、非常に大切です。将来自分で何事も決める事ができるくらいの裁量を持った時に、人生の幅が広くなる。なので、「自分がどのような人間なのか」理解しておきましょう。

スポンサーリンク

自分探しの旅ではなく、自由になるための旅なのではないか

自分を理解するために「自分探しの旅」をするというのは、違うと考えました。一般的に自分探しの旅って「自由になるための旅」をしていませんか?

今の現状から何かを変えたい。その思いから非現実的な世界へ飛び出し自分なりの自由を探すのではないでしょうか。

私も地元を離れてますが、それも「自由になるための転機」だったのかと思ってます。

厚切りジェイソンは会社役員!?書籍や人生相談から学ぶ3つの習慣
厚切りジェイソンさんとは何者!?お笑い芸人とIT企業役員を見事に両立している「厚木切りジェイソンさん」。彼曰く、副業でお笑いをやっているのではなく、両方とも本業なのです。人
結婚式余興が嫌い!フラッシュモブ離婚まで出てきた披露宴の余興が悪すぎる
こんにちは、Mahaloです。最近フラッシュモブっていうのが流行っているみたいですね。度々メディアに取り上げられておりましたので、テレビを見ない私でも知っているくらい認知度が上がっ
厚切りジェイソンさんもビックリの日本人の変な考え。このままでは日本ヤバイよ
こんにちは、Mahaloです。最近、厚切りジェイソンさんのTwitterを見るのが習慣になりつつあります。このお方の人生観や考え方の基本方針が、私と近いところもあり、勝手に親近感を

シェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中