自宅で沖縄を感じてみよう!南国風の掛け時計をでハンドメイドしてみた

こんにちは、Mahaloです。自宅で沖縄を感じようシリーズの紹介です。みなさん市販の掛け時計って味気ないと感じたことはないでしょうか?シンプルなものや中途半端に南国チックなものが、世の中には溢れています。

我が家も、色々と雑貨屋を周りいい感じの掛け時計を探しましたが、満足できる品が無いんですよね。そこで、パーツを購入し、思い切って掛け時計をハンドメイドしてしまいましたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

ヒントは、八王子の沖縄料理屋さん「和」の掛け時計

雑貨屋やネット通販を巡り、いい感じの南国チックな掛け時計を探していましたが、満足いく品が見つからず困っていたところ、たまたま立ち寄った八王子の沖縄料理屋さん「和」に理想的な掛け時計がありました。

素晴らしい作品です。壁紙を使ってその上に、サンゴや貝を貼り付けて時計にしているのですね。既製品ではなく、完全なハンドメイド作品でしたので、我が家にもできるのではないか?という話になり材料集めを開始。

スポンサーリンク

ムーブメントと針の種類にご注意!私も間違えました。

まずは、時計の本体のムーブメント部を購入します。秒針が動く際に音がしないタイプがいいですよね。次に針の部分ですが、ムーブメント部分とセットになっているものもありますので、セット購入の方がお安くすみますし、針とムーブメントが合わないというトラブルもありません。

実は、我が家は一度バラバラで購入したのですが、針がムーブメントに入らないというトラブルが発生して、針のみ購入することになってしまいました。

針は、飛行機スタイルのものにしてみました。おそらくネットでないと、この形の針には出会えないでしょう。

スポンサーリンク

フレームは立体型の30cm司法のサイズがベスト

次は時計のフレームです。サイズ的には30cmの正方形で厚さは3.5cm程度は欲しい。ネットで探しているとありました。結構レアなサイズなようですね。


20cmの正方形の枠もありましたが、時計のサイズを小さくする必要があり、我が家で考えているリビングの掛け時計という用途には、マッチしませんでした。

次に枠の中の壁紙です。デフォルトですと、あまり良い色ではないので、ダイソーで麻の布を購入し、スプレーで枠の色に合わせて茶色に染色します。

そして、数字部分に沖縄のシーグラスや貝殻を置くと・・・・

・・・

ジャーーーーーン!

そして枠にはめると・・・

いかがでしたでしょうか?トータル4000円以内で理想の沖縄南国チックな掛け時計の完成です。作業時間も1時間程度で難易度も非常に低い!初心者向けのDIYでした。

自宅で沖縄を感じてみようよ!紅型生地を使ってのハンドメイド作品
こんにちは、沖縄DIYに挑戦のMahaloです。前回の沖縄旅行で大量に仕入れた紅型の生地でハンドメイド作品にチャレンジしています。今回紹介するのは、私ではなく妻が作った作品の紅型生
自宅で沖縄を感じてみようよ!沖縄素材を使って超簡単フォトフレームを手作り
こんにちは、沖縄DIYに挑戦のMahaloです。今回は、以前沖縄のむら咲むらで体験したランプシェードを応用してフォトフレーム作りに挑戦です。作ってみたら、超簡単で沖縄で販売

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中