沖縄土産に最適!多くの工房を見比べた私がオススメ琉球ガラス

琉球ガラスと言ったら沖縄のお土産の定番なのではないでしょうか。国際通りなどのお土産屋さんを見ても様々な琉球ガラスが置いてあります。

そんな中、私は毎回沖縄旅行に行った際は、お土産屋さんではなく、直接工房のギャラリーへ行き琉球ガラスを選んでいます。そんな私がオススメする断トツでオシャレかつ安いコスパ最高の琉球ガラスをご紹介します。

沖縄土産に最適!多くの工房を見比べた私がオススメ琉球ガラス
琉球ガラスと言ったら沖縄のお土産の定番なのではないでしょうか。国際通りなどのお土産屋さんを見ても様々な琉球ガラスが置いてあります。そんな中、私は毎回沖縄旅行に行った際は、お

スポンサーリンク

オススメは読谷村の源河源吉

私がオススメする工房は読谷村の「琉球ガラス工房源河源吉」さんです。

公式HPリンク

この方の作品の裏には「源」が刻印されているので、お土産屋さんで確認されるとわかると思います。

作品のキャッチコピーは「沖縄の海をテーマに創り続けて五十余年・・・島には島の彩がある」だそうです。

確かに作品を見ると様々な色の海を連想させるものが多いと思います。

スポンサーリンク

源河源吉をオススメする理由

様々な工房を見てきましたが、相当デザインが良い部類に入ります。(どのデザインが良いかは人の好みなので、一概には言えませんが・・・)

そして何よりも、模様が美しい。

IMG_3051

この写真は私が購入したものです。見てわかるように、全体的に線が入り渦を巻いています。この模様が他の工房と比べて美しい。また、ガラス自体も厚みがありしっかりしている印象です。

こちらはスタンダードなコップです。右の緑は他の工房ではあまりないものですね。緑をベースに白と青が混じる渦が美しい。

IMG_3052

こちらは泡盛グラスです。左のピンク、オレンジ、白の組み合わせも美しいですが、右の青も海を連想させる美しいデザインです。

IMG_3053

ここまで作品を見てきましたが、他の工房でももっとオシャレなものがあるのでは?と思われるかもしれません。それは事実かもしれません。しかし大事なことはコストパフォーマンスです。

これらの作品は全て2500円未満で購入可能です。他のオシャレな工房へ行くと倍以上の値段が付いていてビックリされるでしょう。

スポンサーリンク

源河源吉はどこで購入するか?移転後の場所に注意

単純に購入するならば、国際通りでも御菓子御殿でも可能です。しかし、それでは定価で購入するようなものです。もっと安く購入する方法がございます!

それは・・・。

 

直接工房へ行ってしまうのです。源河源吉では、ギャラリーや体験施設も併設されているので、気軽に行くことができます。

上の写真の大半は、アウトレット品やセール品となり格安で入手できました。多くは500円から1000円程度です。通常販売価格から2000円程度下がっているものもありました。

ギャラリーの場所は、残波岬がある読谷村の12号線と新58号線のT字路付近です。2016/3に読谷村共同販売センター付近から移転しておりますので、ご注意ください。googleマップだと古い場所に案内されてしまうかもしれません。2016年現在のgoogleマップだと、「ガラス工房清天さん」付近になります。

また、沖縄といったらやちむんもいいですね。オススメのやちむんはこちら

沖縄のお土産に!私が買った若者向けのお洒落なやちむん陶器
こんにちは、Mahaloです。我が家毎年恒例の沖縄旅行で初めて「やちむん」を購入しました。今までは、やちむんに見向きもせず、琉球ガラス中心に食器を見ていましたが、最近はやち

 

おまけ

森のガラス館でもセール品を入手できました。なかなか良い感じです。

IMG_3054

シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

30代の東京で消耗している社会人のMahaloです。沖縄の」ベンチャーで働く為に準備中。日々経験したことを自由にまとめているブログです。 ブログタイトルのMahaloはMa:〜の中に Ha:呼吸する、命、魂 Alo:共有する、向き合う 「魂・命の中に共有する」で「Mahalo:ありがとう」と考えると深い意味ですね。 私の大切な言葉「一度きりの人生、無駄にしない。他人にどう思われても構わない。自分で考え行動する」