備瀬のワルミが立入禁止に!選ばれたものしか行けない場所だった所が、誰も行けない場所へ

こんにちは!Mahaloです。沖縄旅行へは年に2回ほど行っていると定番のスポットばかり行っていたら飽きてしまいます。そこで今回は、私が沖縄旅行でオススメする超穴場スポット「備瀬のワルミ」をご紹介します。

昔は、備瀬のワルミの行き方も紹介されていませんでしたので、公開するのは避けていましたが、最近は、備瀬のフクギ並木の案内マップでも行き方を紹介しているくらいになりましたので、今回は、備瀬のワルミへの行き方と備瀬のワルミの簡単な紹介です!

備瀬のワルミが立入禁止に!選ばれたものしか行けない場所だった所が、誰も行けない場所へ
こんにちは!Mahaloです。沖縄旅行へは年に2回ほど行っていると定番のスポットばかり行っていたら飽きてしまいます。そこで今回は、私が沖縄旅行でオススメする超穴場スポット「備瀬のワ

スポンサーリンク

備瀬のワルミが立入禁止に!?原因は観光客のマナーの悪さ

2017/7で備瀬のワルミは立入禁止になりました。私が行った時には観光客はほとんどおらず、地元のレンタサイクルのコースになっていた程度で観光客はいませんでした。車で来る方も一切いない状態。

それが今となっては、観光ガイドブックに掲載され、立派な観光地化してしまいました。googleマップにも「備瀬のワルミ」と掲載されるほどになり、レンタカーで行く方が一気に増えたのでしょう。

なお、8/2時点でも未だに備瀬のフクギ地区にはワルミへの案内看板が多く出たままでした。地元の方も禁止になった事を受けて何をすべきか考えてほしいものです。

ワルミ周辺は、民家前を通る農道を通過しなければならず、車で行くところではありません。また、地元の方々は聖地として使っていたところなのかもしれません。過去のブログにも記載しておりますが、沖縄観光する際は、その土地のマナーを守って立ち入って頂きたい。斎場御嶽もマナーの悪さが目立つようですし、観光する際は注意したいものです。

スポンサーリンク

備瀬のワルミってどんなところ?

備瀬のワルミとは、沖縄県の美ら海水族館近くの海岸です。備瀬という名前からもわかるように、有名な備瀬のフクギ並木近くに存在します。

ワルミとは、「割れ目」という意味があり、有名なワルミ大橋も同じ割れ目という意味ですね。

肝心のワルミの写真は・・・こんな感じです!

IMG_3035

曇りでしたが、絶景です!干潮時にしか辿り着けないので、行くときは潮見表を見ておきましょう。

スポンサーリンク

備瀬の穴場 自然の力を感じるパワースポット!

先ほどの写真から感じとれるように、両脇が崖に囲まれており、崖からの圧迫感があります。そして、海から入ってくる風が心地よい。

あまりパワースポットに詳しくはありませんが、両脇の崖からの圧力と海からの風で自然のパワーを感じることができます。

そして、ワルミの中央に岩があり、この岩が特別な意味を持っていそうで、不思議な力を感じてしまいます。この崖と岩と海の他では見れないコラボレーションです。

IMG_3034

備瀬のワルミへの行き方は?

今は、備瀬のフクギ並木でワルミへの案内図やパンフレットが作成されているくらいです。しかし少し前までパンフレットも作成されておらず、ネット情報だけでしたので、行くことも難しく辿りつけない方が続出する事態になっていたようです。しかも、入り口もわかりにくく目の前を通過していたという口コミもありました。

肝心の行き方を案内します。

車ではなくレンタサイクルでの行き方になります。私が行った時も大半の方は、レンタサイクルでした。

最初に、フクギ並木入り口から奥に入っていきます。するとレストラン岬という食事処が見えてきます。このレストラン岬も美味しいのでオススメですね。

 

このレストラン岬の十字路を右に曲がりフクギを抜けると開けてきます。200メートル程度進むと十字路がありますが、直進します。

IMG_3027

次に二股に分かれるY字路に来ますが、ここは左へ進みます。

IMG_3028

途中民家が出てきて不安になるかもしれませんが、そのまま進みます。

IMG_3029

すると資材置き場が見えてきらたもう入り口は目の前です!

IMG_3030

資材置き場の先にワルミ入り口の看板が見えたらゴールです。

IMG_3031

入り口を入っていくと不安になるかもしれませんが、先に進みます。

IMG_3032

安心してください。すぐに海岸です。

IMG_3033

備瀬のワルミへはレンタサイクルで!駐車場はありません!

備瀬のワルミはレンタカーで行くのは避けてください。駐車場もありませんし、道も狭く危険です。レンタサイクルで行くことを勧めます!最近は、元々資材置き場だった部分が片付けられて、4台ほど駐車可能なスペースができてますが、自転車で行くべき場所だと思います。

そして、備瀬のワルミ含めて沖縄の穴場スポットは、地元の方々の生活エリアへ入っていくことになります。道中で騒ぐ等の地元の方々に迷惑になるような行動は避けましょう!そして、沖縄は御嶽と呼ばれる聖域があります。沖縄の方にとって重要な祈り場です。注意しましょう。

まるで離島の透明度!沖縄中部の真栄田岬に磯遊びに最適な穴場ビーチ
沖縄の真栄田岬と言ったら超有名な青の洞窟がありますよね。しかし、こちらはマリンショップにお願いしてガイドさんと一緒に回るプランになります。しかも、青の洞窟は北風が吹く日は近くことも

5 件のコメント

  • こんな記事かいて欲しくなかったです!

    拡散して、誰もが行きたくなる
    聖域が荒らされる

    結果、立ち入り禁止になった!

    • 立ち入り禁止になってしまった事に対して、このブログが影響してしまっていたと思うと申し訳ないと思います。
      私が行った時には、地元のレンタサイクル店が推奨ルートとしていた。
      記事の中には聖地である事。マナーは守る事。車ではいかない事。など伝えていましたが伝わっていなかった事に対しては真摯に受け止め、今後の課題として考えます

  • このブログが影響しているかどうかは結果論なので気に病む必要はないと思いますが…。こうした場所に人が集まるのも、今の時代の人びとの意識というか、そういったものが多分に影響していると思います。ノロの方もブログで書いておられましたが、モラルなき人に怒りを向けるのではなく、荒れてしまったこの場所がよくなるように、ひとりひとりが願っていくことがポイントだろうと思います。地道な作業でしょうけど、素敵な場所を素敵なままに残していくには、そんなことくらいしかできることはないような気もします。

    • 素敵なコメントありがとうございます!素敵な場所を素敵なまま残すためにできる事…。
      私も考えて第2の備瀬ワルミを出さない為に努力します。

  • 初めましてm(__)m
    この記事が影響したわけではありません。
    ここ2-3年の間 SNS等が流行り 国内外から この神聖の地へ ワンサカ押し寄せるようになったんです。
    ゴミを捨てる訪問者が多いですね。ここに限りませんが(^^ゞ
    日本人もそうですが 偏見ではありません・・・外国の方のマナーの良くないのは
    目に付きますね。
    本来「聖地」へは一般の人は入ってはならないと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
    沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
    この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
    仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
    豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

    現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
    また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

    将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中