Mステで使われた沖縄ビーチは今帰仁村の秘密のビーチ!私のおすすめビーチです

こんにちは、Mahaloです。2016年9月のMステで私の一番のお気に入りのビーチが紹介され、BEGINさんやKiroroさんが歌ってくれておりました!みなさん見ました?あいにくの曇り空ではあったものの、あの素敵なビーチを!!!!

トイレもシャワーも無い地元の方のビーチですので、詳しい場所の紹介は避けますが、行き方のヒントと、このビーチの魅力を伝えていきます。

スポンサーリンク

ビーチへの行き方が難しい秘密の天然ビーチ

Mステで利用されていたビーチは、今帰仁村の古宇利島地区ではなく、市街地側の集落にある地元の方々がよく利用するビーチです。地図を頼りに行っても確実に迷う場所にあります。大きな道から横道にそれる際は、本当にこの先にビーチがあるのか?本当に戻ってこれるのか?と不安な気持ちになるでしょう。

場所のヒントは、ちゅらまーいという一人乗りの車のコースになっているビーチです。Mステ放送日時点では、コースから外れてそうですが、夏休み期間中はコースになっておりました。

ビーチの近くにマイナーではありますが、観光スポットがあるため、そのスポットを目指してナビで行けば辿り着けるでしょう。

スポンサーリンク

駐車場もトイレもシャワーも何もない自然のビーチ

このビーチには駐車場がありません。正確には駐車場はないんですが、車は5台ほど停めれらるスペースがありますので、皆ここを使っております。私が行った時はロケバスが停まっておりました。何やら撮影でよく利用されているようです。

ビーチには当然ですが、何もありません。本当の天然ビーチです。トイレへ行く際は、道の駅か近くのコンビニへ行く必要があります。車で5分ほどの場所にコンビニがあるので便利ですね。

そして、ビーチの砂は自然ビーチにしては珍しいサラサラなので、気持ちいですよ。しかし、本当に何もないので海水浴している方はほとんど見かけないですね。マリンスポーツをしている方はくらいです。

スポンサーリンク

穴場ビーチの最大の特徴はビーチ中央の芝生の崖

海水浴向けのビーチではありませんのので、このビーチでおすすめの過ごし方は、のんびり海を眺める事や磯遊び程度がちょうどいい場所です。

特におすすめの過ごし方は、中央の崖の上の芝生に座って海を眺める事。風を心地よく感じる事ができます。

赤墓ビーチ

こちらの写真でいうと手前の芝部分です。

私が初めてこの場所を訪れた時に、若い男性がこの芝生で三線の練習をしていて、ビーチに三線の音色が流れていた風景が今でも頭に焼き付いています。それほどこのビーチがきれいで静かなビーチだったということでしょう。

ちなみに、Mステでもこちらで歌っている方がいましたね。BEGINさんは奥のビーチで歌っておりました。Kiroroさんは写真の背中側にあるビーチで歌っていたと思われます。観光協会の方が言うには、テレビ局の下見時にこんな美しいビーチは初めてだとおっしゃっていたようです。

この記事を読んだ方にオススメの北部特集

沖縄北部の今帰仁村の2つの絶景ポイント!おっぱだけと古宇利大橋
こんにちは、Mahaloです。我が家の沖縄旅行の定番と言ったら今帰仁村なんですよ。ここ4回連続ほど今帰仁村や本部町を中心に回っています。今回は、今帰仁村の絶景ポイントを2つ紹介いた
備瀬のワルミが立入禁止に!選ばれたものしか行けない場所だった所が、誰も行けない場所へ
こんにちは!Mahaloです。沖縄旅行へは年に2回ほど行っていると定番のスポットばかり行っていたら飽きてしまいます。そこで今回は、私が沖縄旅行でオススメする超穴場スポット「備瀬のワ
今帰仁観光に!ガイドブックに乗らない超穴場スポットをご紹介
こんにちは、Mahaloです。このブログでも度々紹介している今帰仁村ですが、今回は観光スポットと言っていいのかわからないくらいマイナーな場所を、紹介します。今帰仁村といえば
古宇利島で1組限定ホテル。子連れに最適なAquaBlueの魅力
みなさん、こんにちは!Mahaloです。古宇利島の1組限定のコンドミニアムタイプのホテル「AquaBlue」をご存知でしょうか。近年、古宇利島はプチホテルの建設ラッシュのよ

シェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中