沖縄北部穴場ビーチのゴリラチョップが駐車場とシャワー完備で快適すぎる!

こんにちは、Mahaloです。沖縄北部の本部町ゴリラチョップってご存知でしょうか?私も5回目くらいの沖縄旅行で初めて訪問したビーチなんですが、快適すぎて良い場所でした。

波も少なく、珊瑚も多いのでシュノーケルスポットとして良い場所です。

スポンサーリンク

ゴリラチョップの場所は瀬底大橋手前の無料ビーチ

ゴリラチョップと聞いてどんなところなのか、分かる方は沖縄通ですね。多くの観光客は、このスポットをスルーして美ら海水族館へ向かってしまいます。

場所は、58号線を許田を超えて名護も超えた先の、瀬底島の手前のビーチです。近くにドライブインレストランハワイがあります。余談ですが、このドライブインレストランのAランチが初代Aランチ選手権でグランプリに選ばれたようで、人気メニューだそうです。ゴリラチョップでシュノーケルしてから、レストランで休憩というのもいいですね。

スポンサーリンク

駐車場も新たしくシャワーやトイレも完備

ゴリラチョップの施設ですが、非常に新しい施設に見えます。

sp-046701800s1445662332

画像引用:diving20

写真を見てもわかるように、新しい施設で手前にはベンチがあり、右手側がシャワーとトイレです。非常に新しいので快適に使えますね。

そして奥が駐車場です。おそらく、30台くらい停められるでしょうか。夏休み期間中に行きましたが、駐車場はガラガラでした。

スポンサーリンク

ゴリラチョップに見えないぞ!というよりもゴリラにも見えない!

ゴリラチョップという名のスポットとして浸透しておりますが、何がゴリラチョップなのでしょうか?最初に私が見た時は全くわかりませんでした。

ゴリラチョップ

この写真が駐車場側から撮影したものなのですが、どこを見てもゴリラにすら見えないんです。

ネットで何がゴリラチョップなのか調べると、駐車場側からではなく、反対側から見る必要があったようです。

反対側から見てみると・・・。

ゴリラがチョップしているようにも見える・・・?みなさんどう思いますか?

img_0

まぁ、言われてみると、見えますかね!

ゴリラチョップの目玉はシュノーケル天国

ゴリラチョップですが、岩が目玉ではないんです!このスポットの凄いところは、波が少ない穏やかな海で、シュノーケルができるのです。私が行った時は地元の方々がビーチにテントを張って子供達がシュノーケルしておりました。

シュノーケルスポットとしても優秀で、様々なダイビングショップがシュノーケルスポットに設定しているほどの海なのです。

私も大好きな今帰仁村のGoodGoodSunさんもこのゴリラチョップをシュノーケルスポットにしているようです。

シュノーケルをされる方は、大切なサンゴを踏まないように気をつけて下さい!!!!最近のゴリラチョップのサンゴが傷ついているようですよ!サンゴは踏んでしまうと簡単に壊れてしまいますし、一度破壊されると再生に時間がかかりますからね!

あああ

画像引用:GoodGoodSun

SONY DSC

画像引用:GoodGoodSun

まるで離島の透明度!沖縄中部の真栄田岬に磯遊びに最適な穴場ビーチ
沖縄の真栄田岬と言ったら超有名な青の洞窟がありますよね。しかし、こちらはマリンショップにお願いしてガイドさんと一緒に回るプランになります。しかも、青の洞窟は北風が吹く日は近くことも
私が選ぶ是非行きたい恩納村の4つの穴場観光スポットとランチ
今回は、恩納村の穴場観光スポットと食事処にスポットして紹介していきます。恩納村というとメジャーな観光スポットが多くガイドブックに掲載されている場所ばかりで、穴場が本当に少ないと感じ
我が家の春休みの沖縄旅行の旅費を公開!結構安いくいけますよ!
こんにちは、Mahaloです。3月末の春休みに沖縄旅行予約取りました!今回は、そんな沖縄旅行の旅費を公開しちゃいます!試行錯誤して予約したところ、今までの沖縄旅行の中で1番安いにも

シェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中