我が家の春休みの沖縄旅行の旅費を公開!結構安いくいけますよ!

こんにちは、Mahaloです。3月末の春休みに沖縄旅行予約取りました!今回は、そんな沖縄旅行の旅費を公開しちゃいます!試行錯誤して予約したところ、今までの沖縄旅行の中で1番安いにも関わらず、良い宿に宿泊できました。

家族4人で、子供は2人です。そのうち、1人は布団も食事も必要で、1人は寝具も食事も不要の旅費になります。

スポンサーリンク

5泊6日で宿泊費、レンタカー、飛行機のトータル金額は、138000円!

家族4人で、子供は2人です。そのうち、1人は布団も食事も必要で、1人は寝具も食事も不要の旅費になります。これで5泊6日で138000円なんです!激安ではないでしょうか?

宿のグレード落としてるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、決してそんな事ありませんよ。我が家に取っては、有名リゾートホテルに泊まるよりも快適に過ごせるホテルを厳選してますから。

なお、この料金の内訳は、飛行機が62000円+1万マイル。宿泊費が60000円。レンタカーが16000円(満タン返し不要のセダン)。

 

スポンサーリンク

レンタカーの安さの秘密は、マイナーの会社での三ヶ月以上前の予約

レンタカーは、利用する会社によって大きく金額が変化してきます。なんでこんなにも違うんだ!!と思うくらい差があるんですよ。誰もが知っている大手の会社ですと5日間借りると4万近く行ってしまう場合もあります。

そこで、登場するのでマイナーなレンタカー会社です。ネットでググると沖縄のレンタカー会社は多く出てきますよ。大半の会社が初耳でしょう。

値段も安くて品質面で心配になるでしょう。でも安心してください!私も今までマイナーな会社で借りてますが、全く問題になったことがありませんし、車も綺麗で新車に近いものが多いんですよ。ネットですと、新車に近いものを指定して予約もできますので、オススメです。

ここでポイントになるのが、ネット予約時に、どの媒体から予約するのか・・・。私は、公式HPから予約ではなく、楽天やじゃらんを使っております。なんとなくですが、こちらの方が安い気がします。

スポンサーリンク

5泊もして宿泊費6万は安すぎじゃない?秘密は、ふるさと納税。

5泊もして宿泊費6万は、正直ありえないです。格安宿に泊まれば実現可能な金額ではありますが、せっかくの旅行で激安の宿には宿泊してくはないですよね。

宿泊している宿のうち1泊は、ふるさと納税を使って住民税を払う替わりに宿泊できております。

宿泊先は、那覇の宿限定にはなってしまいますので、注意が必要です。普段北部のリゾートホテルに宿泊している方は、レンタカーの返却に追われていたり、国際通り周辺の観光ができなかったりという困ったことはないでしょうか?

帰宅日の前日を那覇宿泊にすることで、最後の夜を国際通りで楽しめるのです。買い忘れたお土産も簡単に変えますし、レンタカーの返却も那覇のチェックイン前に返せば良いので、楽チンです。20時近くまでレンタカー店は営業してますからね。翌日も駐車場のことを気にせず、国際通り観光可能です。重い荷物が気になる方は、ホテルへ預けるられるので、手ぶらで国際通りに出かけられますよ。

なお、ふるさと納税のお得情報は過去エントリーをご覧ください。

ふるさと納税をうまく使って沖縄旅行へGO!お得なふるさと納税活用法
こんにちは、Mahaloです。ふるさと納税は必ず沖縄にしています。移住する先に納税していた方が何かいい事あるかも!という単純な理由です。しかし、沖縄のふるさと納税って、他の都道府県

それでも6万で宿泊している事が安い!と思われる方は、一度リゾートホテルではなく別の視点で沖縄のホテルをみてはいかがでしょうか?沖縄には小さなホテルが多く存在します。これらのホテルはリゾートホテルに負けないくらい素敵ですよ。

古宇利島で1組限定ホテル。子連れに最適なAquaBlueの魅力
みなさん、こんにちは!Mahaloです。古宇利島の1組限定のコンドミニアムタイプのホテル「AquaBlue」をご存知でしょうか。近年、古宇利島はプチホテルの建設ラッシュのよ

飛行機は、ANAのいっしょにマイル割を活用

年に二回家族そろっと沖縄旅行に行っていると、マイルだけで航空機のチケットを購入することは不可能です。私の少なくとも、マイル獲得方法では無理です。

しかし、格安航空チケットを入手するためには、大量マイルは不要で、一度の旅行で1万マイルあれば良いのです。

詳細は、過去エントリーをご覧ください。私もこの予約方法を知ってから、金銭的に沖縄が身近に感じられるようになりました。

ANAマイルを使って沖縄に格安で行く裏技
沖縄に限らず飛行機を使って旅行に行くと、飛行機代だけで大きな出費になってしまう。一般的にマイルを使って旅行に行くとなると、意外とマイルを多く使うことになり、毎年マイルを使って旅行に

 

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中