格安で夏休み沖縄旅行3つのポイント。旅行代理店の半額で行く技と明細を公開

こんにちは、Mahaloです。今回は、夏休みの沖縄旅行の価格に関して考えていきます。沖縄へ旅行するとなるとどんな方法で予約しますか?大半の方は、「旅行代理店のパンフレットのパッケージツアー」「飛行機のみ自分で手配し、宿はじゃらんや楽天トラベル」のどちらかが大半でしょう。

私は、パッケージツアーではなく、「飛行機のみ自分で手配し、宿はじゃらんや楽天トラベル」で予約しております。

スポンサーリンク

私の夏休み沖縄旅行の料金公開

7/21沖縄発で4泊5日で家族4人で沖縄旅行に行ってきます。家族構成は、4歳と1歳の子供ですので、4歳の子で飛行機代が掛かってきます。1歳の子は添い寝で飛行機も膝上なので、料金は一切かかっておりません。

気になる料金は、宿泊、レンタカー、飛行機の合計が17万でした。家族4人で宿泊して夏休みにですよ!しかも、宿もそれなりの高級宿。レンタカーもスタンダードクラスです。近ツーのような旅行代理店で行こうとすると30万を超えますので、約半額で行っていることになります。

その秘密を公開しちゃいます。

スポンサーリンク

飛行機を格安で予約する方法

羽田発なので、飛行機はLCCではなくANAかJALが一般的です。ANAで早割で座席を3つ往復で取得しようとすると、通常料金で1名往復46,000円です。3名分の席を確保しようとすると、138,000円です。恐ろしい金額ですね。

全員分マイルでいくと言っても、そんなマイルないですよね。1人18000マイルも必要で3名分なので、54000マイルです。一般的なマイラーが持っているのは2万マイル程度でしょうか。

そこで、大活躍するのが、以前も紹介している隠れた名サービス。

ANAでいうと「いっしょにマイル割」JALでいうと「おともdeマイル」です。これらは、マイルを持っている人と一緒に旅行に行くと安く行けるというサービスです。家族でなくても友達同士で飛行機を使う場合も利用できます。

このサービスを使うと、なんと1万マイルを持っていれば格安航空券を入手することができます。

私がこの方法で購入した航空券は、1名は1万マイル。残りの2名が往復72,000円(1人往復36000円)でした。通常に購入するよりも66000円も安く行けるのです!!!

詳しくは、過去の記事をご参考になさってください。

ANAマイルを使って沖縄に格安で行く裏技
沖縄に限らず飛行機を使って旅行に行くと、飛行機代だけで大きな出費になってしまう。一般的にマイルを使って旅行に行くとなると、意外とマイルを多く使うことになり、毎年マイルを使って旅行に

なお、特典航空券だと良い時間のフライトが取れない!と言われますが、私は、往路10時のフライト。復路も15時のフライトを取れております。その秘密は、こちら。

この方法で予約すれば、どの時間でも一律同じ料金で予約可能です。旅行会社等の割高パッケージですと、確実に航空券を入手できるというメリットはありますが、良い時間にするだけで、往復で1人あたり15,000円程度値上がりしてしまうのも残念です。

スポンサーリンク

レンタカーを格安で予約する方法

レンタカーは、会社によって大きく変化します。定番のトヨタレンタカーやニッポンレンタカーでレンタルすると非常に高い。例えば夏休み期間中に5日間借りると4万を超えます。

私が借りたレンタカーは、スカイレンタカーかパラダイスレンタカーといったマイナーなレンタカー会社です。これらはとにかく安い。なんと一般的なコンパクトカークラスが25,000円程度で予約できてしまうのです。

さらに、3ヶ月以上前に予約したところ、なんと!スタンダードクラスで14,000円で予約できました。以前は、プリウスが5日間で11,000円で借りることができた時もありました。

レンタカーはマイナーな会社で、三ヶ月以上前に予約するのがポイントなようです。

 

ホテルを格安で予約する方法

リゾートホテルに夏休みに宿泊すると、それだけですごい金額になってしまいます。例えば、お手軽なリゾートホテルの代名詞の「残波岬ロイヤルホテル」「リザンシーパークホテル谷茶ベイ」でさえ、夏休みとなると1泊2名で、安いプランでも35,000以上ですよ。4泊してしまうと、140,000円までになってしまいます。

そんな出費を毎年夏休みと春休みにできませんので、私が宿泊しているホテルは、古宇利島の宿。大人2名で一泊10500円です。子供は5歳まで無料で宿泊可能。

この宿に4泊しても、家族で、84,000円です。しかも宿は、高級ホテル並のクオリティです。この宿の詳細も過去記事で紹介しておりますので、ご参考になさってください。

古宇利島で1組限定ホテル。子連れに最適なAquaBlueの魅力
みなさん、こんにちは!Mahaloです。古宇利島の1組限定のコンドミニアムタイプのホテル「AquaBlue」をご存知でしょうか。近年、古宇利島はプチホテルの建設ラッシュのよ

夏休みや春休みといった需要が多いシーズンは、圧倒的に個人経営のプチホテルが非常にお得です。沖縄って意外とこう言うプチホテルって多いんですよ。なんとなく、こういうプチホテルというのは、民宿のようなものをイメージする方が多いですが、沖縄に限っては、民宿もあれば、古民家宿もある。プチリゾートホテルもありますので、様々です。

しかし、このようなプチホテルに宿泊すると、リゾート感が無いのでは?海に入る際に不便?プールは無いの?夕食は?宿がショボいのでは?という疑問があるかと思います。

安心してください!そんなの心配ないですよ。

海も近くにある場合が多いですし、宿もホテルよりも豪華な場合が多い。リゾートではなく古民家風の宿もありバリエーション豊かです。

そんなプチホテルで、どうしてもリゾートホテルに勝てないのは、プールが無いことと夕食が不便であること。これらをどう対応するかか?

プールの問題は、難しいです。こればかりは、ホテルにプールが無いため、どうすることもできません。なので、プールに入りたかったら、沖縄旅行後に行きましょう。どうしても沖縄旅行中に行きたかったら、リゾートホテルでビジターとして入ってください。宿泊していなくても、お金を払えばプールに入れます。ちなみにオススメのプールは、恩納村のモントレ沖縄です。

夕食は、車での送迎が難しいので、自分の車で移動するしかありません。宿によっては送迎してくれるオーナーさんもいますが、基本は自分たちで居酒屋に行かなくてはならないのです。

しかし、居酒屋に行かなくても、プチホテルの場合、お庭でバーベキューができたり、キッチンが付いておりますので、スーパーで購入した沖縄惣菜をおしゃれに盛りつければ、お洒落なディナーにすることもできますよ。

子連れの沖縄旅行のホテルはどうする?子供がベットから落ちるんだが・・・。
こんにちは、Mahaloです。みなさん、子供連れの沖縄旅行では、どこに宿泊してますか???我が家の沖縄旅行は、子供が寝具不要だった時はツインルームでベットを横つけして、対策してきま

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中