夏休みの沖縄旅行の航空券は、どこで予約がするのがベスト?やはりネット代理店?

こんにちは、Mahaloです。夏の沖縄旅行って最高のシーズンですね。そんなベストシーズンの沖縄へ旅行する際に、皆さんはどのような手段で、予約しておりますか?

何年も来店型の代理店を通して予約はしておらず、もっぱら飛行機は自分で予約。宿とレンタカーは楽天トラベルやじゃらんのようなネット代理店を経由して予約しております。リピーターになっている宿は、直予約という形です。

そうした時に、なんで来店型の代理店で予約しなくなったのだろうか?とふと思いました。

スポンサーリンク

旅行代理店の航空券は高すぎる!その差を調査

飛行機を使う場合の旅行は、来店型の旅行代理店は非常に高いです。飛行機に乗らない場合の旅行は、楽天やじゃらん等の代理店とは大きな差額が出ないのが一般的です。それでも数千円の差は出ることもありますが。

では、飛行機に乗る場合の旅行だと、どの程度差が出るのでしょうか。今回は、羽田ー那覇間になりますので、LCCは乗らない前提での調査となります。

近畿ツーリスト等の来店型旅行代理店で購入した場合

来店型の場合は飛行機とホテルがセットになっておりますが、プランをよく見ると、飛行機代だけの価格を読み取ることができるのです。その価格は、7/21からの夏休み前半で羽田那覇の往復が1名54,000円程度でした。

家族2名で搭乗すれば、往復109,000円ですね。さらに良い時間のフライトを選択することで、2名で2万程度増えてしまうこともありますね。

楽天トラベル等のネット代理店で購入した場合

次に、ネット代理店で航空券とホテルがセットになっているものを比較します。比較方法は、航空券付きのプランと、通常のプランで差額です。

すると、良い時間帯のフライトを選んでいても、50,000円程度でした。

ANA等の早割や裏技で購入した場合

代理店を通さずに直接航空券を入手した場合、早割で1名往復46,000円です。しかし、これよりも安く航空券を入手する方があり、別記事でも紹介しておりますが、ANAでいうと「いっしょにマイル割」JALでいうと「おともdeマイル」です。

 

このサービスで2名旅行すると、1名は1万マイル。残りの1名が往復36,000円!!

詳しくは、過去記事を参考になさってください。

格安で夏休み沖縄旅行3つのポイント。旅行代理店の半額で行く技と明細を公開
こんにちは、Mahaloです。今回は、夏休みの沖縄旅行の価格に関して考えていきます。沖縄へ旅行するとなるとどんな方法で予約しますか?大半の方は、「旅行代理店のパンフレットのパッケー

航空券だけの値段を考えても、来店型の代理店で購入すると損だということがわかります。

 

スポンサーリンク

まとめ 航空券は代理店経由で購入しない

航空券は、来店型の代理店>ネット代理店>公式HPから早割>一緒にマイル。おともでマイル>全マイル の順番で負担額が減っていきます。

マイルを持っていれば、先ほどの裏技で入手。マイルがなければ、公式HPから早割で入手という形をとるべきでしょう。

 

シェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中