今帰仁観光に!ガイドブックに乗らない超穴場スポットをご紹介

こんにちは、Mahaloです。このブログでも度々紹介している今帰仁村ですが、今回は観光スポットと言っていいのかわからないくらいマイナーな場所を、紹介します。

今帰仁村といえば、古宇利島が有名ですね。古宇利島と本部町の美ら海水族館を行き来する方は多いかと思うので、その道中の国道505号(本部循環線)沿いで立ち寄れるスポットの紹介です。

スポンサーリンク

美人注意の看板が!!注意しなければ!

今帰仁村を古宇利島方面から本部方面へ国道505号線を走っていると、突然それは現れます。今帰仁村に美人が多いので、わき見運転に注意することと・・・。

この沖縄の今帰仁という田舎に美人がいるのか!?ワクワクしますね。場所は、コープの近くです。数年前から置いてあるので、ボロボロになるまで設置してあるはずなので、横の看板を見逃さないように!

スポンサーリンク

美人が多い今帰仁で突然現れる謎の光景

先ほどの看板を目にしてから外を注意深く観察します。いつどこで今帰仁美人が現れるのかワクワクしていると、それは突然現れました。インスタ映えするような目を疑う場所です。

これが、今帰仁村のメインストリートの国道505号線沿いにあるんですよ!見た瞬間は、集団で何をやっているんだろう?と本物の人間なのかと思ってましたが、よくよく見ると、全てカカシです。

紛れて写真撮影すれば、SNS映えしますよね。

この撮影スポットは、古宇利島方面から本部へ行く505号線、北山高校の手前です。

実は、このカカシスポットの交差点を山方面へ入って行くと、今帰仁村で1番オススメしたいスポットが現れます。その名も「おっぱだけ」

絶景スポットの「おっぱだけ」漢字で書くと乙羽岳

今帰仁村に来たならば、古宇利島もいいですが、乙羽岳から見る市街地や古宇利島、海も最高です。

ここまでたどり着く道のりは、狭い道で不安にはなりますが車でここまで行けるのでおすすめです。

展望台の下には広場がありますので、子供が遊ぶのも良いですね。

スポンサーリンク

今帰仁名物のスイカやMステで使われる赤墓ビーチもおすすめ!

今帰仁の名物といえばスイカなんですよ。ここのスイカは日本一出荷が早いことで有名です。

国道沿いのこのスポット。スイカの工場であることが一目瞭然ですね。

その他にも、Mステで使われた赤墓ビーチもオススメです。Mステに限らず、様々な撮影で使われているのか、時々撮影クルーに出くわします。詳しくは過去記事をご覧ください。

Mステで使われた沖縄ビーチは今帰仁村の秘密のビーチ!私のおすすめビーチです
こんにちは、Mahaloです。2016年9月のMステで私の一番のお気に入りのビーチが紹介され、BEGINさんやKiroroさんが歌ってくれておりました!みなさん見ました?あいにくの

この記事を読んだ方にオススメの北部特集

沖縄北部の今帰仁村の2つの絶景ポイント!おっぱだけと古宇利大橋
こんにちは、Mahaloです。我が家の沖縄旅行の定番と言ったら今帰仁村なんですよ。ここ4回連続ほど今帰仁村や本部町を中心に回っています。今回は、今帰仁村の絶景ポイントを2つ紹介いた
備瀬のワルミが立入禁止に!選ばれたものしか行けない場所だった所が、誰も行けない場所へ
こんにちは!Mahaloです。沖縄旅行へは年に2回ほど行っていると定番のスポットばかり行っていたら飽きてしまいます。そこで今回は、私が沖縄旅行でオススメする超穴場スポット「備瀬のワ
古宇利島で1組限定ホテル。子連れに最適なAquaBlueの魅力
みなさん、こんにちは!Mahaloです。古宇利島の1組限定のコンドミニアムタイプのホテル「AquaBlue」をご存知でしょうか。近年、古宇利島はプチホテルの建設ラッシュのよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中