沖縄旅行あるある!旅行のウキウキ気分が台無しのレンタカー問題を考える

こんにちは、Mahaloです。沖縄旅行に行って毎回困るレンタカーに関する問題・・・。何度も沖縄旅行で利用しているからわかる、レンタカーに関する悩みを一挙解決しちゃいます!誰もが沖縄のレンタカーを利用したことがあるのなら、感じたことがある事ばかりではないでしょうか?

【怒り】沖縄旅行で気になった中国人のレンタカー利用!法律的にNGなのだが
こんにちは、Mahaloです。2016年夏も沖縄旅行へ行ってきました。半年前と1年前にも行っていましたが、今まではさほど気にならなかった中国人と思われる方のマナーが悪すぎて気になり
スポンサーリンク

レンタカーを借りるのに大混雑!とにかく並ぶ・・・。

レンタカーを借りて、いざ那覇空港に降り立つ。気分はウキウキでしょう!早くレンタカーを借りて観光地へGo!!という気分ですよね。 そんな時に体験するのが、 那覇空港内で各レンタカー会社へ送迎待ちの渋滞。送迎車にやっと乗れたと思ったら次にあるのが、レンタカー会社への送迎バスで体験する渋滞。やっとレンタカー会社へ到着したと思ったら次は、レンタカー受け取りのための渋滞です。 那覇空港に到着して、手荷物を受け取りレンタカーに乗るのに二時間くらい掛かりますよ。これを見越していないと、初日の計画がズタズタです。

スポンサーリンク

レンタカー選びの裏技。レンタカー会社の立地が重要

そんなことを解決するのに、私が重要視しているポイントは、レンタカー会社の場所。 レンタカー会社の場所は、那覇空港よりも南側に位置する会社を利用しないということ。とにかく那覇空港の敷地から出るのに大渋滞なんですよ。原因は、58号線への信号で右折するのに時間が掛かるからです。なので、送迎バスに乗るための待ち時間も長くなります。 そんな問題を解決するために私は、那覇空港よりも北側のレンタカー会社を利用しております。マジでオススメ。送迎もスムーズですし、レンタカー会社までの渋滞もありません。空港からレンタカー借りるまでスムーズに行けるとストレスが軽減されます。

スポンサーリンク

レンタカーを借りるタイミングも重要!

レンタカーを借りるタイミング。すなわちチェックイン時間も重要です。午前中の遅い時間であればどこのレンタカー会社でも混雑してしまいます。これは、この時間にフライトが集中してしまうので、仕方ないことです。 午前中の早い時間や午後であれば、大変スムーズにレンタルすることができるんです。 そんな時にオススメの方法は、初日の宿泊地を那覇にしてしまうのです。私も最近この方法を利用しております。 この方法の何が良いかというと、初日にゆいレールを使いホテルへ荷物を置く。そして国際通り周辺で観光です。ゆいレールは、24時間有効の乗り放題券がなんと700円です。これを有効に使い、首里城など様々な場所を観光できますね。 そして、レンタカーは旅行二日目の早い時間に借りに行くのです。特に、ゆいレール沿いのレンタカー会社まで行って借りると混雑もなく借りることができます。那覇市の渋滞も北部方面に行く場合は、対したことありませんし。

返却後にフライトではなく、那覇で宿泊もいい感じ

過去、二度ほどレンタカー返却後にフライトではなく、国際通り周辺で宿泊しました。これもいい方法でした。返却は、ホテル周辺で返却できる会社があるか調査が必要ですが、何社かあるんですよ。 この会社へ返却することで、フライト時間に追われる必要もなく、のんびりできます。フライト日は、ホテルへ荷物を預けてゆいレール周辺観光です。 レンタカーの給油時に給油口がどっちだ!! レンタカーを借りて給油時に困るのが、給油口じゃないですか?私もこの技を知らない時に給油時に窓を開けて身を乗り出し、覗き込んだことがあります。 しかーーーし、運転席のメーターでどちらにあるかわかるんですよね。

このツイートの写真であれば、矢印が右なので給油口は右です。

沖縄那覇に2週間暮らしたら渋滞の凄さを実感。観光客が渋滞を回避する2つのポイント
こんにちは、Mhlaloです。私はプチ移住体験をしようと、2週間那覇の泊地区に滞在しています。58号線沿いのウイークリーマンションです。この滞在で感じた事。それは、沖縄の渋

シェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中