読谷村に来たら何する?観光客におすすめの観光スポット

こんにちは、Mahaloです。今回は、沖縄読谷村に来たら何しますか?という記事です。おそらく沖縄の中での知名度は観光地としては低いかもしれません。

そんな読谷村ですが、私の沖縄旅行では毎回行っています。恩納村に滞在している時間よりも読谷村にいる時間の方が長いです。そんなちょっとマイナーな読谷村の魅力をお伝えします!

スポンサーリンク

読谷村ってどんなところ?場所やアクセス

読谷村は那覇から約1時間で行くことができる田舎町です。那覇から国道58号で北上していくと、急に読谷村に入った途端、田舎町に来たなぁって気になります。高速道路でも読谷村に行くことができますが、下道でも高速でも10分程度しか変わらないので、のんびり下道で行くことをオススメします。特に那覇を超えて浦添市、北谷町の町並みを楽しむことができます。

そんな読谷村の特徴は、サトウキビ畑等の畑が広がる田舎町です。メインストリート沿いには有名な花織食堂や、泡盛の残波で有名は酒造がありますね。今は、市内を通るバイパスができましたので渋滞は減りましたが、昔は市街地の渋滞はちょっと酷かったかなと記憶しております。

スポンサーリンク

読谷村の人気スポットは、残波岬

沖縄本島で岬といったら、万座毛や真栄田岬など有名スポットはありますが、私は残波岬が1番のおすすめです。他の岬と比べて自由に歩き回れること、広々しているので夕日と灯台をバックに写真撮影なんてのは、最高です。

海に夕日が沈む姿が見ようと多くの観光客も来てますし、人気スポットになっているようです。

岬なので、立派な灯台がありますが、灯台までの道のりは少し大変で、ゴツゴツした岩場を進む必要があります。というよりも岬全体がゴツゴツした岩場で構成されており、足元には注意が必要です。日が沈んだ後の灯台に行こうなんて思わないでくださいね。危険です。

スポンサーリンク

読谷村は、さとうきび畑がいっぱい

読谷村は那覇からさほど距離がありませんが、田舎の村です。でもその田舎っていう感じが読谷村の最大の魅力でもあります。特におすすめは、日航アリビラ周辺のさとうきび畑です。市街地からさとうきび畑に入った瞬間に、畑の奥に海が見えるという風景が広がります。さとうきび畑から海に向かって坂道になっているため、このような風景になるのです。

海とさとうきび畑がコラボしている風景は、沖縄の中でも読谷村が1番です!!

そして、さとうきび畑が広がる読谷村には、ザワワザワワでお馴染みの「さとうきび畑」の歌碑があるんです。ちょっと小さいスポットですが、時間がある方は行かれてみてはどうでしょうか?

読谷村で琉球王国を感じるならば、むら咲むら

読谷村のむら咲むらは、過去テレビドラマで利用されていたセットを移植して作った体験施設が集まったテーマパークです。中では、古き琉球王国を散歩する気分で写真を撮っても良いですし、王道の体験工房で何か作ってもいいですよ。

そんなむら咲むらでの体験工房は圧倒的に「木の工房あさひ」さんです。過去ここの工房で手作りした内容をレポートしておりますので、ご参考にしてください。

むら咲むらでマジでおすすめのコスパ最高の沖縄雑貨作り体験「木の工房あさひ」
こんにちは、7月末に沖縄旅行へ行ってきたMahaloです。今回の旅行で今まで行ったことが一度も無かったむら咲むらの体験工房へ行ってみました。というのは、むら咲むらのホテルに宿泊した

 

gala青い海も外せません

ちょっとマイナーな施設ですが、gala青い海も良い場所です。ここの魅力は、むら咲むらにない体験施設が多くありますが、お土産屋が定番の店とはちょっと違った内容のものが揃っていることです。食べ物系のお土産よりも工芸品を扱いが中心となりますね。読谷村でお土産を買うならば、残波岬のお菓子御殿か、ここgala青い海の二択です。

また、お土産以外にもこの施設にはおすすめポイントがあります。

それは、店の前の芝生が綺麗なことと、芝生から見る海が綺麗なこと。読谷村で写真撮影ポイントを選ぶとしたら、ここgala青い海か先ほど紹介した残波岬ですね。

読谷村の伝統工芸品が集まるやちむんの里

やちむんというのは、沖縄伝統の焼き物です。読谷村には、その工房が多く存在しますね。有名な所でいうと、やちむんの里です。ちょっと住宅街にありますので、迷う方が多いようなので、お気をつけくださいね。

このやちむんの里で私が好きなのは、1番奥まった場所にあります、北釜さん。ここの焼き物は女性向けというか、今流行りの新しいやちむんという印象があります。やちむんの里にきたら、すべての工房を比較して自分にあったものを選んでいただきたいですが、時間がない!!!!という方は、1番奥まで車で行って北釜さんだけ覗くだけでも、やちむんの魅力がわかるかと思います。

ここで注意して欲しいのは、「普通のお土産屋のやちむんとは、出している雰囲気が違う」ということ。一般のお店でやちむんって微妙って判断するのは早いですから!

琉球ガラスの名店も読谷村に工房があります

御菓子御殿や国際通りでよく見かける、最近話題の琉球ガラスの名店「源河源吉」さんです。この工房へ直接伺うと、アウトレットコーナーで激安で購入が可能であったり、ここにしか置いていない商品を購入することができます。

詳しい場所や「源河源吉」の魅力は過去のレポートをごらんください。

沖縄土産に最適!多くの工房を見比べた私がオススメ琉球ガラス
琉球ガラスと言ったら沖縄のお土産の定番なのではないでしょうか。国際通りなどのお土産屋さんを見ても様々な琉球ガラスが置いてあります。そんな中、私は毎回沖縄旅行に行った際は、お

お食事する場所もたくさんあります

読谷村の食事どころをまとめた過去の記事です。

読谷村の観光客におすすめの飲食店完全版!これさえ押さえれば読谷では困らない!
こんにちは、Mahaloです。私は読谷村が大好きです。大半の方は読谷村ってどこよ?と思うかもしれませんね。おそらく沖縄の中での知名度は観光地としては低いかもしれません。そん

シェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

30代の東京で消耗している社会人のMahaloです。沖縄でのプチホテル開業に向けて準備中。日々経験したことを自由にまとめているブログです。 ブログタイトルのMahaloはMa:〜の中に Ha:呼吸する、命、魂 Alo:共有する、向き合う 「魂・命の中に共有する」で「Mahalo:ありがとう」と考えると深い意味ですね。 私の大切な言葉「一度きりの人生、無駄にしない。他人にどう思われても構わない。自分で考え行動する」