社外活動を充実させると人生の幅が広がる!外に飛び出せすと良いこといっぱい

こんにちは、Mahaloです。今回は社会人や専業主婦など決められた枠の中で生活している方ってすっごく多いですよね。社会人であれば社外のことを知らない方。専業主婦であれば、子育てに追われている生活・・・。

こんな感じだと人生楽しくないんですよね。私も社外に出ることや、仕事以外の活動を行うことで人生が充実していることを実感することができます。外の世界を知ることのメリットとその方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

就業時間後の時間を充実させると残業が削減効果大

一番大きく変わったのが、社外の活動を充実することで、残業する習慣が無くなりました。今までは20時頃まで残業していても、何の疑問も感じないほどになっておりました。帰ったらもう寝るだけの生活です。

それは何故か?

間違いなく、終業後の活動を充実させた為だと思います。私でいうと、ブログや子供との遊ぶ時間が充実しているのです。このように残業をしている時間が非常に勿体無いと感じるようになりました。

なので、残業を減らす努力を本気でやるのです。徹底的な無駄排除や効率化も行いました。これだけでは解決しないので、周囲も巻き込み朝礼やチームミーティング等も廃止です。少しでも形骸化する要素があるものは、思い切って廃止しました。

この辺りの具体的な方法は過去記事で紹介しております。

スポンサーリンク

社外の事情を知ることも自分にとってプラスになる

私はここ数年の間、毎年会社で参加している社外のコミュニティのようなものに参加し、何らかのアウトプットを出す活動をしております。この活動に参加するまでは、自分がどの程度の実力なのか社内基準でしか知りませんでした。価値観も同じで固定化されてしまい、考え方の幅が広がっていかないんです。

社外の活動をすることで、自分のスキルや仕事の仕方が、世間的にどのポジションなのかを認識することができます。物事も考え方も、世間とどれだけ違うのかわかってきます。昨年参加したコミュニティでは、考え方や視点が他者と大きく違う事も気づくことができました。

私は、ちょっと人と違った視点でぶっ飛んでいる思考の持ち主で、イノベーション系の思考があるようです。

社外を知るという点でいうと、就職活動も良い機会ですよね。何社もの社員と出会い話をするわけです。私の就職活動は10年前ですが、会社毎の雰囲気の違いや面接の違いが非常に面白かった記憶があります。

スポンサーリンク

専業主婦でもいつもと違い活動をすると、人生の幅が広がる

私は専業主婦ではありませんが、私の妻は専業主婦です。私がブログを開始したことをキッカケに妻も今までとは違う活動を開始しました。

それは、元々得意であったハンドメイド作品をminneで販売すること。まだまだ始めたばかりなので、売り上げは・・・・。ではありますが、少しづつ商品バリエーションを増やしていきます。

では、このハンドメイドを開始して何か生活が変わったのか?生活の中心が子育てなので、多くの時間を制作に回せませんが、子供が寝た後に作品を作る時間が楽しいようです。そして昼間も、何か良いアイディアは無いのか探し回る習慣に変化しました。

まとめ

新しい活動をすることで人生の幅が広がり、楽しいものになる!これは間違い無いです。いつまでも口だけでXXXXをやってやる!と騒いでいる方がいますが、実行できなければ、全く意味がありません。どんなに小さいことでも「とりあえずやってみる」「社外に出てみる」ということを心がけると、何か人生の変化を感じるでしょう。

私の知人にサラリーマンを辞めて起業するために、アルバイト生活を経てカフェオープンした方がいます。この方も、サラリーマンという内向きな世界を飛び出して外に出て成功した方です。後日、この方の起業までのストーリーを紹介します。

シェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中