頭ではわかっているけど、行動に起こせない・・・継続の為に私が実践している事

こんにちは、Mahaoです。今日は「頭ではわかっているけど・・・行動に起こせない」という言葉って仕事をしているとよく聞きます。特に仕事のやり方についてのアドバイスを受けた時に、このような発言をする方って多いですよね?

この状態ってなんで起こるんでしょうか?私もこの発言をしてしまう気持ち、すごくわかるんですよね。今日は頭では理解しているけど、行動に起こせないという状態をどのように脱するか考えていきます。

スポンサーリンク

頭では理解しているけど、行動に起こせないってどういう状態?

この状態になることって、今までの私によくありました。私もよく陥るのですが、例えば、読書をたくさんする方で本を読んだことに満足してしまい、何も行動が変わらない方っていますよね。

本を読んだ時に理解して、行動しようと決意するのですが、数日後に普段の生活に戻ってしまう。

私も、仕事においてタスク管理をWeb上のツールでやろう!と決意し、Webツールのメリットや導入目的をチームメンバーに説明し、強制的に導入しました。各自で標準化されていないタスク管理から脱却したいと考え導入したのです。

しかし、チームメンバーも最初は勢いでタスク登録したのですが、更新が続かない・・・。本ツールを使って進捗を確認する場を設ければ更新してくれるのですが、常に利用するのではなく、進捗確認前に一気に更新するスタイルになってしまっております。

なぜ、日頃から更新しないのか理由を聞いてみると、頭では更新しなければならないと思っているのに、行動できないという回答が多くありました。

これってどういうことなのでしょう?

ここで、私は更新しなければならない理由は知っているのに、それが腑に落ちていないのではないか?と仮説を立ててみました。

スポンサーリンク

腑に落ちていないから、行動できない?

例えば、大怪我をして歩くことができない状態になります。そうすると大半の方が病院に行き治療しますよね。

これは、怪我して歩けない状態を脱するために、病院に行く必要があると理解し、腑に落ちているから迷いなく病院へ行くのだと考えます。

それでは、先ほどのタスクをWebツールに書き出すという行動を起こすためには、何を理解し、腑に落とす必要があるのでしょうか?

最初に、タスク管理をWebツールに書き出すメリットを理解する必要があります。

そして、理解しただけでは行動できません。「腑に落とす」「腹落ちさせる」必要があるのです。理解するだけで止めてしまうと、「頭ではわかっているけど・・・行動できない」で終わってしまうのです。腹落ちさせることで、行動する目的が自然と頭に入ってくるので、行動する際に何の違和感もなく動けるのです。

スポンサーリンク

習慣化することも重要な要素なんだが、習慣化って難しいですよね。

習慣化する事については、様々なHowToサイトに記載がありますね。毎日の歯磨きのように習慣化してしまえば、行動が継続すると思っている方は非常に多いでしょう。

でも、これって非常に難しいんですよね。簡単に習慣化できれば、皆困らないですよ。このサイトを読んでいる方もきっと、物事を継続することができない方が多いのはないでしょうか。私も習慣化が非常に苦手です。

では、どのように習慣化するか。

私は、目的を明確にして腹に落とし込むことだと信じています。先ほどのように「頭ではわかっているが行動できない」という状態であると、習慣化は不可能です。歯を磨く目的が一切なかったら、人類は歯磨きをという行為を習慣化しませんでしたよね。

習慣化は、歯を磨くくらい自然と目的を理解し、腹落ちさせることがスタートラインなんですよ。スタートラインに立てれば後は、日々続け行くことは簡単ですよ。

PDCAは時代遅れ?負の遺産?新たなOODAループのポイントを理解しよう!
こんにちは、Mahaloです。最近、PDCAに限界を感じてきていて、PDCAなんてなくなってしまえばいい!不要だ!と思っていたところ、OODA(ウーダ)ループという理論を発見しまし
日本企業は中途半端な考えを嫌う文化が!考えを変えてイノベーションを!
こんにちはMahaloです。先日少し前に話題になりましたリーン・スタートアップという本を読みました。本を読んで感じることは、今の日本でこのようなリーンスタートアップという考

シェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中