30代になり時間が有限である事をマジで実感するんだが。30代の働き方

こんにちは、Mahaloです。このブログを約1週間も更新できておりませんでした。ブログ開設して半年経過しましたが、ここまで更新ができなかった事は初めてです。

なぜ更新できなかったかというと、普段残業もほとんどしない私が、なんと21時くらいまで残業しなければならない日々が続いてしまったのです。この1週間で感じた事を記事にしていきます。

スポンサーリンク

時間は有限である事を時間する日々を感じた1週間

この1週間は、毎日夜遅くに帰宅して家では寝るだけ。朝起きても家族が寝ている時間に会社に行くという時間を過ごしてきました。会社でも常に何かに追われて、フルパワーで稼働し続けるという日々でした。

この1週間で感じた事は、時間は有限である事。

家に帰ってブログを更新する時間をどう頑張っても創出できず、休むだけの日々・・・。ブログを更新したくても30分でも良いので、まとまった時間が取れないのです。寝る時間を削れるだけのパワーも残っておらず、結局ブログ更新できませんでした。

20代の頃にも、この様な忙しい日々を過ごしてきましたが、時間が欲しいなんて思った事はなく、ただ家に帰って寝るだけの生活でもなんとも思いませんでした。学生の時も同じです。ただ暇な時間を過ごしているだけでも、時間の無駄使いをしているという感覚は一切ありません。

では、今と昔で私の中で何が変化したのか。

それは、仕事以外に大切な力を入れている活動に出会ったからだと思います。そうブログや起業に向けての準備です。流行りの言葉で言うと、「ワークライフバランス」であったり「パラレルキャリア」というものでしょうか。

私は、昔ながらの仕事一本では、いつ何が起こるかわからないので、別のキャリアを経験して人生の幅を持たせたいのです。そして、まだまだパワーの残っている30代のうちに、移住しての起業を成功させるためには、物事を早く進めなければなりません。ブログ更新も移住のための大切な地道な活動です。

スポンサーリンク

1日に使えるエネルギーも有限である事

ここまで話すと、なぜ家に帰った後でも、移動中でも、ちょっとした空き時間にでもブログ更新しないんだ?と聞かれるでしょう。1日に使えるエネルギーも有限である事に気づかされました。

疲れてしまって、家でパソコンやスマホを操作する気力すら残っていないのです。

これが厄介なんですよ。時間が有限だと気付いた時には、すでに1日に使えるエネルギーの総量が減ってきているのです。なので、今30代になって後悔しております。

なぜ、学生や20代の頃の時間が無限にあると感じていた時代に、キャリアの幅を広げる挑戦をやってこなかったのか。

しかし、こんな後悔をいつまでもしていても仕方ないので、これ以上後悔しないためにまずは、仕事のやり方を工夫して残業を減らし、仕事以外に使えるエネルギーをブログに使うことにします。

有名ブロガーさんで、真面目にブログで飯を食うのだったら、まず仕事を辞めろ!と主張されておりますね。

私も賛成です。残業ばかりで消耗し続ける働き方をしていたら、絶対にブログなんて書けません。だから私は、起業するまでの間は、残業しない働き方を模索し、仕事以外に使う時間やエネルギーを創出する工夫をします。

実は数日後に、日経の就活生向けの取材を受けます。インタビュー項目に学生さんへ向けてのメッセージがあるようです。ここで時間の使い方、学生の時にしかできない経験をすることについて、ちょっと話してみようかな。就職活動なんて、たくさんの企業に触れ、自分の考え方を進化させる絶好の機会ですからね。

PDCAは時代遅れ?負の遺産?新たなOODAループのポイントを理解しよう!
こんにちは、Mahaloです。最近、PDCAに限界を感じてきていて、PDCAなんてなくなってしまえばいい!不要だ!と思っていたところ、OODA(ウーダ)ループという理論を発見しまし
日本企業は中途半端な考えを嫌う文化が!考えを変えてイノベーションを!
こんにちはMahaloです。先日少し前に話題になりましたリーン・スタートアップという本を読みました。本を読んで感じることは、今の日本でこのようなリーンスタートアップという考

 

シェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中