ANAカード非所持の陸マイラーがマイルを貯めた記録

私はANAの陸マイラーです。マイルの貯め方はクレジットカードを使った方法ですが、一般的なANAカードを使った貯め方ではありません!

ポイントサイトのようなものを使っても貯める事ができますが、今回はクレジットカードで貯める方法をご紹介しますね

スポンサーリンク

ANAカードを使わない理由

私がANAカードを使わない理由は、年間決済額が少ないと300万未満だと年会費や移行手数料が負担に感じてしまうから。また、ポイント有効期限があり常に意識する必要がある事。この2点からANAカードを使わずにマイルを貯めています。

スポンサーリンク

私の年間決済記録

最初に私がどのカードを持っていて、どの程度決済しているかご紹介します。

  • メインカード:エポスプラチナカード(年会費20000円)で年間200万利用
  • サブカード1:楽天カード(年会費無料)で年間60万利用
  • サブカード2:イオンゴールドカード(年会費無料)は利用無し。特典のみ利用
スポンサーリンク

カード決済で重要視している点

エポスカードは、一般的な買い物全般で利用。楽天カードは楽天市場での買い物で利用しています。Amazonでの買い物は、エポスのポイントサイト(たまるマーケット経由)で買ってます。

そして、ポイントは有効期限無しに価値があると思っております。

還元率比較

エポスプラチナカード

ここで一旦、プラチナカードで獲得できるポイントをおさらいします。エポスプラチナカードのメリットとゴールドカードとの違いで示したように還元率は、表のようになります。

 100万決済200万決済300万
基本ポイント5000P10000P15000P
ボーナスポイント20000P30000P40000P
選べるポイントショップ
利用ボーナスポイント
(30万利用想定※)
3000P3000P3000P
Edy利用
(20万利用想定)
1000P1000P1000P
誕生月利用
(20万利用)
1000P1000P1000P
ポイント合計30000P45000P60000P
還元率
(年会費考慮後還元率)
3.0%
(1.0%)
2.25%
(1.25%)
2.0%
(1.33%)

私は、エポスカードで200万決済なので、年間獲得ポイントは45000Pです。ここからたまるマーケット経由の買い物で2000P程度追加されて、47000Pというところです。

エポスゴールドカートとプラチナカードでは、ポイントをマイル交換する際に1P=0.6マイルとなります。よって、年間獲得ポイントは28200マイルでした。

楽天ポイントは、期間限定ポイントなどマイルにするタイミングが難しく、1P=0.5円ですし、移行が面倒なので、楽天ポイントはそのまま利用しています。

よって、年会費2万払って、200万支払い、28000マイル。この基準が良い数字なのか悪いのか他のカードと比較してみます。

定番ANAソラチカカード&ANAワイドゴールドの組み合わせ

私は知りませんでしたがマネテク!さんのブログ記事によると、

300万決済で51,384マイルが獲得できるようです。年会費を考慮しない還元率はなんと1.7%。継続ボーナスがワイドゴールドで2000マイルとソラチカで1000マイル獲得可能です。200万決済だと1.57%の還元率だそうです。

リボ払いで金利を発生させますが、非常に少ない額に抑えるて毎月変更手続きすることで実現できるようです。私は、毎月の手続きを忘れた時の金利のリスクを恐れ、手を出しにくいです。

なお、エポスカードでもリボ払いを使うとポイントがアップしますが、3回以上分割されなければポイント獲得できないので、ポイント目当てでリボ払いを使うのは、避けたいですね。

話は戻りますが、ANAワイドゴールドとソラチカカードを使うという事はそれぞれで、年会費が発生します。

ANAワイドゴールドカードの年会費はリボ払とWeb明細で4500円割引なので、9500円+税。ソラチカカードの年会費は、2000円です。計算しやすいように1マイル=1円の価値で考えます。

今回は、ANAカードを200万決済(1.57%の還元率なので、年間31400マイル+継続ボーナスマイル)で合計34400マイル獲得可能です。年会費は12500円です。

単純にエポスプラチナと比較してしまうと、エポスプラチナで300万決済したとしても残念ながらエポスの惨敗です・・・。

まとめ

単純にマイルを追い求めるならば、ANAワイドゴールド&ソラチカカードの組み合わせが間違いなく最強でしょう。しかし、エポスプラチナの付帯サービスはエポスプラチナカードのメリットとゴールドカードとの違いの通り充実しております。この充実サービスを取るか。マイルを追求するかは利用者の価値観次第でしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中