厚切りジェイソンは40キロのダイエットに成功!?その秘密とは

R1グランプリにも出場しているお笑い芸人の厚切りジェイソンさん。

この方、「IT企業テラスカイの役員」と「お笑い芸人」の両方が本業という日本には珍しい経歴の持ち主です。彼に関して調べれば調べるほど、明らかに私のような一般人とは違う生き方をしています。成功者として一般人と何が違うのか徹底的に比較していきます。

ダイエット。半年間で40キロの減量

驚きですね。半年間で40キロのダイエットに成功したようです。リバウンドもなしです。

スポンサーリンク

すごい数字ですね。ダイエット方法は、実に厚切りジェイソンさんらしい方法です。「毎日食べたもののカロリーを計算」「運動や基礎代謝から消費カロリーを計算」2つの差分がプラスにならないように毎日食事や運動を行う。

普通の方法じゃないか!と思われるかもしれません。

これは厚切りジェイソンさんのように、毎日目標に向かって少しずつ努力できる意志の固い方でないと実施できません。

スポンサーリンク

漢字の練習を毎日続けている

毎日10分未満ではあるものの、漢字の練習をしています。1時間とか2時間という長い時間ではなく、非常に短い時間を毎日習慣付けることで、多くの漢字を学んでいるようです。「自分の中でもっとボキャブラリーを増やしたいからという」理由で続けているようです。おそらく単純に覚えるのではなく、漢字の意味であったり形の理由を考えならが学んでいるんでしょう。何年も続けることで「お笑いの武器になる」素敵ですね。

スポンサーリンク

キャリアアップ。自身の成長のための転職

この方多く転職することでキャリアアップして、若くして役員になりました。年功序列だとか安定という一切考えていないようです。ジェイソンさん曰く「安定とは変わらないこと」変わらないとつまらないでしょ?ということらしいです。共感できます。日本人は少しでもリスクがあると挑戦する前に「やらない」と結論付けてしまいます。小さいことから挑戦することが大切だと説いています。目標は大きく出すのではなく、届く手の範囲の目標が大事ですね。

朝起きた時に、今日は何しよう。とワクワクする

朝起きた時に、今日は嫌だな・・・と考える人生は辛いです。厚切りジェイソンさんは毎日起きた時に、「今日は何しよう。今日はこれをやる日だ!楽しみだ!」と毎日思えるように行動している。まずは朝から「眠い」「しんどい」「行きたくない」といったマイナスワードは禁止してみましょう。そして上を向いて出勤しましょう。下を向いて歩いて通勤している方が多すぎます。上を向くことで、気分も変わってきますよ。

まとめ

この方は、目標に向かって努力することを習慣付けています。無理な目標に向かって挫折するよりも、毎日コツコツやることを習慣付けています。漢字の練習もダイエットも毎日の習慣で成功しています。

そして、人生楽しむために、日本を変えたいという目標に向かってお笑い芸人をやっているという事も深いいい話です。

この革命活動に関して詳しく知りたい方はこちらをごらんください。

厚切りジェイソンは会社役員!?書籍や人生相談から学ぶ3つの習慣
日々厚切りジェイソンさんは自身の経験を踏まえ「海外から見た日本人の変なこと」を伝えてくれています。このブログもそうですが、この小さな活動が積み重なって労働環境や考え方が少しでも変化するキッカケになる

 

シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中