IT業界人がプログラミングブームに一言申す!プログラムを書く事が目的じゃない!

こんにちは、Mahaloです。何やら2020年を目処に、小中高校でプログラミングの授業が必修科目にする為に、行政が動いているようです。でもこの取り組みって本当に難しいと思いますし、学校の先生が教えられるのか?という疑問もあります。

IT業界で働く私に取って小中学生がプログラミングというと、心配になってしまうので、何故心配になるのかと、成功するための私なりの考えを述べていきたいと思います。また、最近では子供の習い事にまで、プログラミングがあるというのだから驚きですよね。

スポンサーリンク

プログラミングの必修科目化が心配

プログラミングというのは、数学や科学と違って答えが無い科目です。100人いれば100通りの答えが出てきます。不思議でしょ?でも、プログラムとはそういうものです。よく海外の算数のテストで、「X+Y=10」XとYには何が入るでしょうか?というような問題ありますよね。

プログラミングでも同じです。というよりもプログラミングの方がXとYのバリエーションが多い為、すぐに正解なのか判断できないものです。

このような問題が発生していてもお構いなしに、学校教育では、1+X=10でXに入る数字は何でしょうという形で、テストするでしょう。さらにXを自由回答にせず選択式にするような気もします。

では、なぜ一つの答えを回答させようとしたらダメなのでしょうか?

理由は簡単です。プログラミングは暗記科目ではないからです。今の日本の教育は暗記さえずれば、どうにかなるという勉強方法です。この状態で、プログラムを授業に取り入れるのが恐ろしいと思いませんか?

スポンサーリンク

プログラミングを習い事、必修科目化の目的

プログラミングの習い事も流行っていますよね。IT業界で働く者からしたら、非常に不思議です。だって、プログラミングを学生時代にやっていたとしても、社会人になってからやったとしても、能力の差は発生しないのだから。文系の大学出ている方も理系も初心者も経験者も、入社後の差は一瞬で消え去ります。

では、なぜプログラミングを学ぶのでしょうか?

IT業界に子供を入れたい。今後IT業界が発達するからという理由でプログラミングを子供にさせるのであれば、その考えは改めた方が良いでしょう。

IT業界は今後、プログラミングをせずとも、システムが完成してしまう時代に入っていきます。2016年現在でもマウスクリックのみで、システムが完成してしまう仕組みもできています。極端にいうとプログラミングが出来なくても、システムが完成してしまうのです。

スポンサーリンク

プログラミングの目的はプログラム的な思考?

プログラミングをすることで学んでほしいのは、プログラムがどの様に構成されているか細分化して捉え、どの様にすれば効率的な動きをするのか知ることです。

簡単に言うと、プログラム的な思考ができる様になってほしい。

この思考ができると、何気ない日常のできる事を細分化して本質を捉えることができる様になります。論理的に物事を考えられます。それに、システムにはトラブルは付き物ですから、問題解決力も身につきます。

つまり、左脳的な生き方をする為の総合力が身につくのです。

また、高校生くらいになったら、日常の問題点や手作業で実施していることをシステム化するとどういう構成になるかといった、システムエンジニアやシステムアーキテクチャといて学ぶ場を提供してあげたいですね。

間違っても学校教育で、暗記中心のプログラムを書くだけの授業は本当にやめてほしい。これでは、プログラマーですら育たないですし、意味ないのです。

高校生がテスト勉強で、「ここに入るプログラムって「for」だっけ?「if」だっけ?忘れちゃった!「i」 と「j」ってどっち使う?」とかいう会話が実際に出てきそうで怖いです。これって英語の丸暗記よりも役に立たないです。(申し訳ありません、プログラムを知らない方に不明な表現をしてしまい・・・)

右脳もトレーニングしてほしいな

IT業界に勤める者として、今の小さいうちからプログラミングを学ぶことは、決して反対ではありません。ピアノやそろばんといったものを同じ感覚で学ばせてあげてほしいです。

しかし、論理的思考ばかり追求して、右脳的なデザイン思考ができない人が増えるのは困る!ただでさえ、日本は左脳重視の教育をしているため、社会人になって右脳的な思考ができない方が非常に多い。

すでに社会では、この右脳的なデザイン思考ができる方が重要視されています。左脳人間は腐るほどいるのに、右脳的な思考ができる方が少なすぎるのです。イノベーション人材という言葉も出てきています。

左脳中心だったIT業界も同じです。右脳的な思考を使い、システムを使ってどの様にイノベーションを起こすのかが、今後ますます重要になります。イノベーションを起こさなくても、右脳的な発想力で、効率的なシステムを設計してほしい。発想力がある人の考えたシステム構成が好きで見ているとワクワクするんですよね。

ぜひ若い方々は、プログラムを書くことに執着せずに、プログラム的な思考を学びつつ、発想力を身につけてほしい。そうすると、処理効率の良いイノベーティブなシステムができますから。

プログラムを書くことはIT業界にとっての下積みなのか?違うだろ!基礎だよ!
こんにちは、Mahaloです。私はIT業界で働いています。IT業界に限らず仕事に、下積みは必要なのでしょうか。過去に「下積み大好き日本人。それってホント無意味!自分の道は自分できり
人工知能が仕事を奪う?まだまだ先の話なのか?IT業界で感じた人工知能の今
こんにちは、Mahaloです。人工知能が仕事を奪うって話よく聞きますよね。私はIT業界で働いております。IT業界でも人工知能は、バズワード的に大きく取り上げられておりますが

シェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中