iPhoneやiPadユーザ必見!iOSに最適なBluetoothキーボードの完成度がすごい

こんにちは、Mahaloです。ついに購入しました!携帯できるBluetoothキーボード。今まではiPadの論理キーボードを使って電車の移動中にブログを書いていましたが、正直持ち運びが辛い。それに論理キーボードはとにかく入力しにくい。

などなど悩みをかかえていた為、キーボードを探していたところ出会ってしまいました!理想的なキーボードに!Logicoolのウルトラポータブルキーボード(Keys-To-Go)です。

スポンサーリンク

電車での移動時間を有効活用したい

週に一度くらいのペースで長時間電車移動する事があります。幸い、座っていられるため比較的自由な時間を過ごす事ができます。その時間の過ごし方といったら携帯で読書するか、iPadでブログを書くことが多いです。

とはいえ、iPadで文字を打つ事が辛いんですよ。誤字脱字は増えますし、肩が凝る。すると、ブログ更新する気にならないんですよね。

それでは、MacBook持ち歩けば?となりますが、それでは、重いんですよね。

最軽量の端末でも1㎏近くありますから、移動で持ち歩くのには向いていない。私はiPadの450g+ケース150gで重いと感じてしまいます。

ならばiPhoneで文字を打てばとなりますが、フリック入力は不便ですし疲れます。

皆さんも同じような悩みを抱えていませんか?ブログ更新していなくても、仕事のメモやメールを送ることありますよね?

そんな悩みをすべて解決してくれたのが、Logicoolのウルトラポータブルキーボード(Keys-To-Go)です。

スポンサーリンク

ウルトラポータブルキーボード(Keys-To-Go)のスペック

この商品は、重さが180gのBlueToothキーボードです。軽いので、ボタンが小さいんでしょ?ですとか、ボタン幅が無いタイプなんでしょ?と思いかもしれませんが、そんなことありません。

キーボードの大きさは、24.2×13.7cmもあります。9.7インチのipadと同じ幅なんですよね。ボタンの大きさは1.7cmで、ボタン間の幅は2mm程度空いています。

要するにiPadの論理キーボードよりもボタンに余裕があり、入力しやすいんですよね。

キーボードの配列は通常のandroidやWindowsのキーボードと違い、Macのキー配列に似ています。Mac特有の「cmd」「alt option」ボタンやiOSに特化したショートカットキーも準備されています。まさに、iOSように設計されたキーボードです。

なので、AndroidやWindowsのキーボードとして購入すると魅力は半減してしまいます。そもそも動くかもわかりません。

キーボードを打った際のレスポンスも良好で、遅延なく文字が入力されていくので問題ありません!もう非の打ちようがない完璧なキーボードだと思います。キーを叩いた際の感触も、パンタグラフ式ですので、気持ちいい!!

スポンサーリンク

「持ち運びキーボード=折りたたみ」の概念が消えた

このキーボードを持って1番驚いた点は、持ち運びキーボード=折りたたみ式という概念が消えたことです。このキーボードなんですが、実は折りたたむことができません。というよりも、折りたたむ必要が一切ないのです。

その理由は・・・。キーボードがとにかく薄くて、6mmなんです!防水防塵設計(充電コネクトを入れる部分以外)されているので、無造作にカバンに入れても全く問題なし。

それに、折りたたみ式キーボードですと、広げた際にジョイント部分のキーピッチが広がっていたり、キーボードが水平にならない等の問題があり、使いにくいんですよね。

そんな問題をこのキーボードは一度に解決してくれています。

ウルトラポータブルキーボード(Keys-To-Go)の魅力まとめ

私の体験から、移動が多くて毎回ipadやPCを持ち歩いていた。しかし、外出先では文字入力が中心。という方に非常にオススメの商品です。

以下に私が感じた魅力をまとめます。

  • 軽量である!なんと180g!
  • 横幅がiPadと同じでボタンやキーピッチが広い
  • 薄すぎる!なんと6mm。かつ防水防塵である
  • キーボードがiOSに特化している
  • 多彩なショートカット
  • キーがパンタグラフ式
  • 充電式で長持ち
  • デザインもcoolいい感じ
  • 付属のスタンドも意外と便利

ウルトラポータブルキーボードのショートカット集はこちら(メンテ中)

iPadのスマートキーボードは不要である!身の回りの品々を疎結合するメリットとは
こんにちは、Mahaloです。みなさん家電の疎結合って考えたことありますか?私は、家電は疎結合させていきたい!と考えております。疎結合の反対は、密結合ですね。そもそも家電の密結合っ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中