有給休暇は当たり前、残業すると出世できないIT企業に勤めて感じること

こんにちは、Mahaloです。私は、ブラック業界と言われているIT業界で10年程度働いています。転職もしておらず一つの企業にずっと在籍しています。

よく、IT業界と聞くだけでブラックなんでしょ?毎日終電?なんていう言葉を投げかけられます。やはり世間一般的にはIT=ブラックというのが浸透しているのでしょう。

しかし、私はそんなことないと思うんですよね。IT業界でも進んでいる会社はホワイト企業も多いと思うんです。IT企業って若い会社が多いので昔ながらの習慣がないというか、在宅勤務や裁量労働、フレックスワークというものを好んで採用している気がします。そんなIT企業の私の会社の制度を紹介しておきます。

スポンサーリンク

有給休暇は取ると信用が失われる?罪悪感がある?

キャリコネニュースを見ていた時に「有休を1回使うごとに君は信用を失っている」 ブラックすぎる言葉に震撼!取得率アップには企業の意識改革が不可欠だ」という記事が目にとまりました。

その中で紹介されていた、有給に対する企業のメッセージに震撼しました。

会社側『休暇は信用を消費して使うもの。それが例え結婚式だろうと葬式だろうと関係ない。1回休むごとに、君は信用を失っている。君が遊びで休暇をとるのも、冠婚葬祭で休暇をとるのも、我々にとっては同義です』って言われたのが今年一番衝撃だった。

「休暇は信用を消費して使うもの」という滅茶苦茶な考えがまかり通っているとは恐ろしい。

引用:キャリコネニュース

こんなこと言う会社があるんですね・・・。

さらに旅行サイト大手の米エクスペディアの調べ によると、2015年の日本人の有給消化率は60%。

日本人は、「有給を取ることに対して罪悪感がある」という意識があるのが世界で一位らしいです。なんとも他人の目を気にしすぎる日本人らしいですね。このあたりは、過去に厚切りジェイソンさんも指摘しています。

厚切りジェイソンは会社役員!?書籍や人生相談から学ぶ3つの習慣
厚切りジェイソンさんとは何者!?お笑い芸人とIT企業役員を見事に両立している「厚木切りジェイソンさん」。彼曰く、副業でお笑いをやっているのではなく、両方とも本業なのです。人
スポンサーリンク

有給を取ると評価が上がるIT企業

私の会社は、有給休暇を取得するとなんと評価が上がるのです。不思議ですよね。有給を取れると、評価が上がるという理由が全く見当つかないですよね。でも私の会社がこれなんです。

では、なぜか???

評価が上がる理由は、有給取得できるほど仕事のアウトプットが早い。自分自身で仕事をコントロールできている。無駄な時間を過ごしていない。

といった理由で評価されるのです。

会社としても「少なくとも月に1日は有給消化して欲しい」という方針を出しているのですから、その方針を達成できているのも評価のポイントです。

会社方針でもあるので、成果が出ていなくても有給を取れば評価がマイナスになることはないのです。

スポンサーリンク

同様に残業すると評価も下がります

有給を取らないと同じように残業すると評価下がります。理由は、先ほどの有給と同じで限られた時間の中でアウトプットを出せていないから。

私の会社の場合は残業たくさんして100%のアウトプットを出すよりも残業ぜずに70%のアプトプットを出す方が評価されます。

よく残業して何やってんだろう?感じるくらい細かい資料の修正をしている場合ないですか?色とか見た目とか・・・。

確かに伝わりやすさというのは、大切です。でもどの資料も同じように頑張らなくてもいいのではないでしょうか?全てにおいて100%を目指すのではなく、ものによって力を抜いて50%で仕上げる。または80%で仕上げるというのが大切なのではないでしょうか。

要するに、アウトプットを見る相手によって適当に仕上げるものから、完璧に近いものを変えていくのです。社内の上司に見てもらうものなんてのは、白黒の資料の箇条書きで十分です。重要なポイントだけ強調でもしとけば問題ない。内容もポイントさえ押さえていればOKなのです。

このアウトプットをいかに残業せずに出していくかが、求められているのです。

一番評価されないのが、残業たくさんして、アプトプットを出している場合。こんな結果ならば、残業せずにアウトプットを出せない方が良いです。正確には、限られた時間で、アプトプット出せない事が判明した時に、何をアウトプットとするか考え直せば良い。それが30%の仕上がりでもポイントを押さえていればOKなのです。

残業しないこと、有給取得ないと良いことある?

残業ぜずに家に帰ると、待っている家族がいます。家族がいなくても自分自身の趣味に時間を当てることができます。社外の人と異文化交流会という名の飲み会をしても良いでしょう。

私は、残業しないことでこのような、会社以外に当てる時間が創出される事が重要だと思うんですよ。

このブログも残業していたら、絶対に書けません。私は23時には必ず就寝していますから、遅くても22時には家事や子供の遊び相手をして執筆し出さないと間に合いません。

社外の人との出会いや習い事も、残業しいたらできないですよね。

このような社外との交流や習い事、ブログのようなものといった仕事以外の活動が仕事にも活かされてくるんですよ。これらは仕事だけでは学べないモノを学ぶことができますから、仕事の幅を広げることができる。

残業しないこと。有給が取りやすい会社にするためには?

いろいろ書いてきましたが、残業しない。有給取得といっても簡単にできるものではありません。残業が当然の会社や、有給取得をマイナス評価しているような会社は、厄介ですよね。

このような、社員を働き蟻のように扱ってる企業の意識を、変えていく必要があると思うんですよ。もしくは、行政で有給取得率何割が義務ですのようにしていくとか。

私の会社は、年に2度の大型連休(9連休)を取ることが義務つけられています。この取得率はなんと100%です。これは会社が制度として推進してくれているからですね。

そして、この連休取得時は、皆に申し訳ないという罪悪感を持たずに連休に入り、連休中は仕事のことを一切考えない社員が多いですね。これば、この考え方が当然の文化に会社がなっているからでしょう。

また、残業に関しても企業文化の改革が重要です。残業ぜずに定時で帰ると「不安になる」「周りに申し訳ない」という意見があるようですね。周りの目を気にしすぎです。管理職レベルの意識が変われば、簡単に残業って減ると思うんですよね。大切なのは、「その残業時間にやってる仕事って今日やる必要あるの?」という疑問を定時になったら自分自信に問いかけてみてください。

管理職の方は、メンバーに同じ質問を聞いてみてください。

答えが、仕事の質を高めるための残業だったら、そんなに頑張らなくてもいいから帰って明日別の仕事しようよ。と声をかけてあげてください。

このような、日々の心がけが残業を減らすんですよ。

残業しないことが当然の会社になると、女性も働きやすいですしね。女性管理職も増えていく。良いことが多いですので、皆さん頑張りましょう!

残業するヤツを評価する日本企業は終わってる!残業=仕事できない人なんだよ
こんにちは、Mahaloです。日本の残業って改善されないですかね。仕事量が多いとか、顧客に満足してもらう為に頑張るという理由から、評価の為、最終的には上司が帰らないから残業するとい
有給休暇は当たり前、残業すると出世できないIT企業に勤めて感じること
こんにちは、Mahaloです。私は、ブラック業界と言われているIT業界で10年程度働いています。転職もしておらず一つの企業にずっと在籍しています。よく、IT業界と聞くだけで

シェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

30代の東京で消耗している社会人のMahaloです。沖縄でのプチホテル開業に向けて準備中。日々経験したことを自由にまとめているブログです。 ブログタイトルのMahaloはMa:〜の中に Ha:呼吸する、命、魂 Alo:共有する、向き合う 「魂・命の中に共有する」で「Mahalo:ありがとう」と考えると深い意味ですね。 私の大切な言葉「一度きりの人生、無駄にしない。他人にどう思われても構わない。自分で考え行動する」