自動車保険の選び方を4つの重要なポイントから考える

保険の専門誌などでは、生命保険の比較を多く取り扱っているが、自動車保険に関して扱っているところは少ない気がします。仕事柄、自動車保険に関わる機会が多いので、比較が難しい自動車保険の選び方を伝授します。自動車保険の選び方で難しいのは、インターネットで入る通販型自動車保険と東京海上日動火災や損保ジャパンなどの代理店経由で入る保険に分かれます。

自動車保険の選び方は人それぞれの価値観で違う

雑誌やインターネットで自動車保険ランキングだとか比較サイトが多いですが、そんなもの信用できません。街角の保険代理店がススメるものも、代理店が代理店手数料(保険を売ることによる利益)が多い保険を勧めてくる可能性もあり、どこまで信じていいのか分からないところですね。

私が自動車保険選びで大事だと思うポイントを挙げます。

  1. 自損事故で自身の車が壊れた場合どうなる。
  2. 小さなキズやヘコミを修理する必要があるか。
  3. 事故時に相手が無保険車だったらどうするか
  4. 個人賠償責任保険は必要か。

それぞれ詳しく解説していきます。

自損事故で自身の車を壊した場合どうなる。当て逃げは?

車の運転が苦手な方などは、何かに打つけて壊したらどうしよう。だとか、車庫入れ時に隣の車をキズつけたらどうしよう。と思う方は多いのではないでしょうか。

でも・・・。安心してくだい!大丈夫ですよ。

この場合は、対物賠償保険で補償されます。ここで重要なのは、何かしらの事故で、自身の車が壊れた場合、どうするかです。事故時に相手がいる場合は、相手の保険で補償されますが、自損事故や当て逃げの場合は、自分でどうにかしなけらばなりません。

ここのリスクを回避したいという方は、車両保険に入るべきです。しかし、高級車でも新車でもないから、壊れたら別の車に乗り換えると割り切れる人は、車両保険は不要かもしれません。車両保険は、非常に高く若いうちは負担が大きいので迷う方が多い補償内容かと思います。私は、新車3年まではショックが大きいので車両保険に入ると決めています。

小さなキズやヘコミを修理する必要があるか

次に車両保険に入っている場合、免責金額に関していくらにするか迷うかと思います。私は、「小さなキズやヘコミでは保険は使わない」としています。なぜなら、この程度のもので保険を使うと次年度の保険料が大きく上がってしまうから。では、どの程度の損害だとしたら使うかというと、修理額が全損含め多額の時です。

10万〜30万程度の修理費が嫌だという方は、免責金額を「0〜10万」の間で調整すべきです。私は、全損した場合や多額の修理費が発生した場合のリスクを保険で回避したいので、免責金額を20万-20万にしています。現在、どの程度の会社が20万設定ができるか不明ですが、東京海上日動は可能でした。

私のCX−5の場合、免責を0−10→20−20にすることで@@@円安くなりました。

相手が無保険車だった場合どうなるか

無保険車とは、強制保険の自賠責保険にしか加入しておらず、任意保険に入っていないというパターンです。最近無保険車が増えているとも聞いていますし、仮に無保険車と事故にあった場合どうなるのでしょうか。

簡単に言うと、相手の過失割合が大きくても死亡事故で3,000万円、傷害で120万円しか補償されないのです。無保険車と事故にあった場合の体験談は調べると出てきます。補償がもらえず泣き寝入りにならないように、無保険車と事故にあった場合どうなるか。相手の保険金が格安で満額支払われないという場合どうなるか。考えてください。

個人賠償責任保険は必要か

知らない方が多いですが、個人賠責は「個人またはその家族が、日常生活で誤って他人にケガをさせたり物を壊し、損害賠償金や弁護士費用などを負担した場合の損害を補償する保険」です。この補償は、絶対にあった方がいいです!!!!自動車保険の中で入らなくても、火災保険や傷害保険でも入れます。非常に安く入れる音でオススメです。注意しなければならない事は、単体では入れない保険であること。会社によっては、付帯できない事があることです。

最近、自転車事故で裁判になり1億近い損害賠償を求められた場合、この保険さえあれば大丈夫なのです!!

スポンサーリンク

まとめ

自動車保険は、通販型が安い事は事実です。しかし保険は万が一の時に備えるものです。自分が自動車事故にあってしまった場合の事を考え、何をリスクとして考えるかを重視して保険会社を選んでください。決して勧められるがままに入ってはいけません!

 

シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中