ホワイトな大企業を退職して移住する目的ってなんだろう?一度気持ちを整理してみた

こんにち、Mahaloです。過去記事でもご紹介しましたが、私は沖縄に移住してプチホテルを開業する目標があります。今は社会人として一般企業に勤めてますが、準備が整ったタイミングで退職する覚悟はできております。

2016/8から準備を開始しました。今は事業内容を具体化して事業のターゲットと収益化の方法を検討しております。

そんな大きなことをやる上で、一度気持ちを整理したいと思います。

スポンサーリンク

人生を楽しむために変化のある生活を!

退職する理由に、人生安定していると楽しめないと思うんですよ。イケダハヤトさんの著書「「凡人」を脱するための10の考え方。 (イケハヤ書房)」に変化を楽しむ力の大切さが書かれていました。この書籍の中で心に残った一節が

変化のない人生なんて、面白くないと思いますねどね。安定なんて、だいたいウソですし。変化こそが面白いんですよ、人生というのは。

凡人がどのように非凡になるか。それはもう「環境を変える」しかないでしょう。

引用:「凡人」を脱するための10の考え方。 (イケハヤ書房)

私も賛成です。安定した生き方ってのは最初はいいですが、飽きてしますし手を抜いて何となく日々を過ごしてしまう。

特に大企業で安定なんてものを求めていたら、何も面白くないです。毎日が同じことの繰り返し。仕事内容は新しいことがあるかもしれませんが、同じことの繰り返しの方が圧倒的に多いでしょう。何て刺激がない生活なんでしょう。そしてプライベートは疲れて休むなんて・・・。

この生活が嫌ならば、変化していきたいものですね。

スポンサーリンク

沖縄移住と起業のどちらが目標なのか?

移住も起業もどちらもゴールというわけではないです。その先にある暮らしや働き方をどのようにしたいのか、スタート地点で整理しますね。

私は、自由に自分の裁量で働くこと。家族との時間を過ごすことを重要視しております。今の職場でこれが実現していたら、退職は考えていないでしょう。

贅沢な悩みなんですかね?残業もろくにせずに働けて、休みも多いホワイト企業ですから。でも私の理想とは遠いんですよね。

それに自分の裁量で働くというのも、満足してないです。31歳で管理職見習いのような立場なので、昔よりは裁量はあるのですが、逆に上に行くことで大企業ならではの政治が出てきてしまうのです。

こんな政治的な仕事をしていてもスキルアップなんてしませんし、モチベーションも上がりません。

転職しても今の企業以上の待遇が難しいのも理解してます。だから転職という道は私には考えられないのです。

ならば、イケダハヤトさんのようにプロブロガーになる為に退職し、本気で行動すればとも思いました。しかし、ブログガーとして活動した先の世界が私には想像できませんでした。イケダハヤトさんの著書やドイツの雨宮さん、ゲスブロガーのあんちゃさんの活動を見ても違和感あるんですよ。

このお三方に、この発言を見られたらきっと批判されるでしょうね。でもいいんです。私は移住してプチホテル開業というもう1つの目標があるのだから!

スポンサーリンク

沖縄移住しての起業した先にあるもの

自由な働き方がしたいがプロブロガーにはならない。私ってワガママですね。

だから私は移住して、起業したいのです。

起業といっても家族で経営する1日1組を限度としたスタイルです。空いた時間は多くあるでしょう。空いた時間は顧客の為に使いたい。それで余った時間で、家族の時間を過ごしたい。

でも、これだけでも成り立つとは思いますが、これでは移住して起業した意味がない。沖縄という立地を生かして夫婦の趣味である、オリジナルのハンドメイド作品の販売をしたいです。

それに空いた時間で、地方の観光情報をブログで発信していきたい。おそらく東京や那覇や沖縄のメジャーな観光地紹介は、いわゆる強豪が多いレッドオーシャンです。なのであえて私がターゲットにするのは、住んでみないとわからない情報。それも沖縄北部のマイナーなエリアです。ここならばまだまだブルーオーシャンです。

それに、沖縄移住者したい方向けの情報も発信していきたいです。

まとめ

私は自由に生きたい。その答えがプチホテル開業であり、開業の地が沖縄北部地。なぜ沖縄北部かというと、この場所で収益が出るプランが頭の中にあるからです。それに、沖縄の北部が好きという事が重なったから。

沖縄が好きではありますが、那覇に移住して職を探そうなんて思いません。那覇なんてのは、中途半端に栄えてしまった都会です。移住しても東京にいる時とさほど変わらない暮らしが待っているでしょう。

ということで、これが私の退職する目的でした!

東京のホワイトな大企業で働いているが、退職して沖縄移住起業を検討してます
こんにちは、Mahaloです。家族持ちで、高知の限界集落に移住し活躍しているイケダハヤトさんはご存知でしょうか。この方のブログのチャッチフレーズは「まだ東京で消耗してるの?」です。

シェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中