勘違いしすぎ!?管理職になったら当然身につけたい2つの習慣

こんにちは、Mahaloです。会社で管理職にはなったものの、その後伸び悩む人がいますよね。担当者の時は任せて抜群の成績で優秀だったにもかかわらず管理職になったら何となく物足りなくなる。

そのような人には、いくつか共通点があると思います。いくら管理職のHow to本の内容を勉強しても肝心な3つの点を見落としていると、「頼りにならない管理職」になってしまいますよ。

管理職になっても担当者の延長と考えること

いつまで管理職という部下を管理する立場になったにもかかわらず、担当者の仕事をしてるんですか?

管理職は、担当業務の詳細を知って正しい判断をすることではないと考えます。ここを勘違いして、スーパー担当者=管理職と勘違いしている人がいるでしょう。いい迷惑です。管理職の仕事は、担当者の仕事をこなすことではないのです!

それよりも、メンバーの誰が何の知識を持っていて、どの仕事は誰に任せるべきかを把握することが重要だと思います。

そして、管理職はより少ない情報で適切に判断し方向づけをしなければなりません。そうするためには、メンバーの考えを把握することが大切です。知るべきことは、担当業務内容ではなく、メンバーの知識と考え。だからコミュニケーションが必要なのです。

スポンサーリンク

他人に興味なく仕事の話ばかりの管理職

これは、賛否両論あるかと思います。なぜならば、他人に興味がなくても管理職の仕事はできるから。

しかし、私は他人に興味がない管理職は、最低だと考えます。仕事の内容や、仕事の進捗、課題には興味があり、担当者とコミュニケーションをとるのですが、部下やチームメンバー、或いは上司やパートナーや顧客が何を考え、何を思っているかに意識が向かない。こんな管理職いますよね?

 

 

プロジェクト・マネジメントのグローバルスタンダードであるPMBOK(Project Management Body of Knowledge)には、PMの仕事の90%はコミュニケーションだと書かれています。

ここで疑問に思うのが、「タスクの進捗確認とか、仕事の指示」をしているのだから、コミュニケーションを取っているという主張が発生してきます。

ここが賛否両論が発生する最大のポイントですよね。

私は、「タスクの進捗確認とか、仕事の指示」はコミュミケーションには入らないと思うのです。

私も昨年仕事以外のコミュミケーションを控えたのです。理由は若い世代が数人チームに入り、雑談ばかりしているのは、教育上良くないと考え、仕事上の雑談を控えたのです。

しかし、雑談をやめたことで、チームがギクシャクしてしまったのです。仕事のことでは頻繁にやりとりが発生しますが、なんとなく部下が何を考えているのかわからなくなってしまったのです。「仕事の進捗が本当に大丈夫なのか。モチベーションは維持しているのか。」これが全くわからなくなってしまいました。

別に仲良し職場になれということではありませんが、リーダーやマネージャーの仕事はメンバーと些細な事も話せるコミュニケーションをとることだと思うのです。そんな些細なことを話すことで、部下がモチベーション高く仕事をしているか、行き詰っていないかを把握できるようになるのです!

仕事の進捗や、課題の解決策、仕事の完成度ばかりが気になる人は、人に興味がないものです。

本来管理職は、「部下がモチベーション高く仕事をしているか、行き詰っていないか、顧客は自分たちの働きに満足しているのか」興味の対象が人に向いている必要があるのです。

イケてない管理職は、これが出来ていないと思うのです。重要なことは、人に興味を注ぎ、行動を変えることだと考えます。

ただし、飲みニケーションは間違っていると考えます。コミュニケーションは定時までの業務時間内に行うことが重量なのです!ここを理解できていないクズな管理職が多いから、若い世代に管理職が嫌われてしまうのですよ!

目からウロコの残業ゼロの仕事力!私が毎日定時に帰る為に学んだ3つの習慣
こんにちは!残業が多いと言われるIT業界で働くMahaloです。私も30歳を過ぎで残業する事が辛くなってきました。いつまでも20代のような働き方をしてはいけないと考え、30代になる
会社の飲み会が面倒だ!こんな私はゆとり世代?嫌いな飲み会の4つの特徴
こんにちは、Mahaloです。やっと3月から4月の飲み会シーズンが終了しました。次の忘年会シーズンが、今から嫌になります。同じ気持ちの社会人は多いのではないでしょうか?私も

 

シェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

30代の東京で消耗している社会人のMahaloです。沖縄でのプチホテル開業に向けて準備中。日々経験したことを自由にまとめているブログです。 ブログタイトルのMahaloはMa:〜の中に Ha:呼吸する、命、魂 Alo:共有する、向き合う 「魂・命の中に共有する」で「Mahalo:ありがとう」と考えると深い意味ですね。 私の大切な言葉「一度きりの人生、無駄にしない。他人にどう思われても構わない。自分で考え行動する」