会社の謎の集団儀式!?朝礼なんて無駄だからやめちまえ!私が廃止した方法とは?

こんにちは、Mahaloです。私の会社では数年前まで朝礼というものが、非常に流行ってました。朝礼には「情報の確認や共有」「スピーチすることによるマインド向上」「元気を出す?」あたりが目的だと思われます。

私は、この朝礼に非常に疑問を感じており、反対運動を続けていった結果、撲滅することができました。

今回は、朝礼が不要と考える理由。やめるきっかけになった運動。最後に辞めたことによる効果を紹介します。

ちなみに私の会社は、いわゆるホワイトカラーの会社です。ブルーカラーの会社には朝礼は必要なのではないかと考えてます。

スポンサーリンク

最初に朝礼の目的を考える

とあるサイトに、朝礼に関してよくまとめられているものがありました。そのサイトによると朝礼の目的は、

1.情報の確認や共有や、それらを円滑に行うためにコミュニケーションの向上を図り「作業効率」を上げるための朝礼。

2.人間的なあり方や仕事のやり方を含めた「社員教育」のための朝礼。

3.元気ややる気を引き出し、「マインドセット」を行うための朝礼。

引用元:裸の社長倶楽部 http://hadakanoshacho.com/chourei

この3つのいずれかの目的を達成するために、朝礼が存在するそうです。確かに、私の会社でもこの3点を達成するために朝礼をやっておりました。

しかし、日本において朝礼が広まった背景を考えると少し違うんですかね。朝礼の起源は工場の「挨拶・点呼・確認(予定や装備服装等)・伝達事項を行うものです。」特にITが浸透していない工場では、重要かもしれません。

スポンサーリンク

朝礼が不要と考える理由

まず、朝礼が不要と考えている最大の理由は、時間の無駄!伝達事項があるならば、メールを使えば良い。朝礼で実施できる情報の確認程度なら、そもそも確認不要。もっと別の手段を使って確認すべき。私の場合は、タスク管理ツール「redmine」を使いました。

また、朝礼でよくあるのが持ち回りのスピーチです。これが非常に厄介で、朝礼スピートのネタを集めたサイトまで存在するくらい。

有益な情報があるなら、朝礼という言葉だけですぐに忘れ去れてしまう場で共有するのではなく、レポートをまとめて共有して、組織知として残すべきです。

話す練習?という意味を持たせている場合もあるようです。

Why??

なぜ毎朝全員を相手に話す練習をするんだよ!相手が一人でもいいし、究極は誰もいなくても練習できるだろう!みんなを巻き込まないでほしい。

 

朝礼で元気な1日をスタートさせるという目的に対しては、論外ですね。朝礼があっても無くても同じです。

 

こんな感じで、朝礼の目的を否定してきたわけですが、私が不要と考える最大の理由は、朝礼を行うことで朝の貴重な時間を無駄にしているということ。

朝礼の一般的な時間は、10分程度でしょう。参加人数は、20人程度でやっているところもあれば、5人程度と様々でしょうが、

仮に20人で実施していた場合、20人×10分=200分=3時間20分の時間を無駄にしていることになるんです。3時間あれば、それなりのアウトプットを出せるはずですよね。

スポンサーリンク

どのようにして朝礼を廃止したのか

私が朝礼をやめた理由は、上席に対して、先ほどの朝礼の目的を整理して、目的を達するための別の手段を示す。

最後に、朝礼に要しているコストを出しました。たったこれだけです。

簡単に朝礼が廃止されましたよ。誰もが疑問に思っていたものですが、昔からの風習という事で廃止できなかったんですかね。

朝礼を廃止したことによる効果

私の会社はフレックスだったり裁量労働が基本ですので、必ず9時に出社しなくても良くなりました。世間一般的には、ゆるい会社なのでは?と思われてしまいますが、9時に出社しなくてもというのは、非常に効果的で、役所や銀行に行ってから出社や、子供の病院へ行ってから。親の看病をしてから出社という方が非常に増えました。そして、在宅勤務できる幅も広がりました。

その分、仕事する時間が減るのでは?と考えますが、フレックスはその分、退勤時間が遅くなりますし、裁量労働の場合は、残業代もでませんので影響ありません。

 

また、朝礼を廃止したことで、スピーチのストレスからも解放されます。また、朝礼によって朝の仕事が中断されてましたが、この中断からも解放されました。

もちろん朝礼の口頭での伝達から文章での伝達になりましたので、誤解や漏れも無くなりました。

みなさんも、朝礼の無駄だと感じたら、目的考え、代替手段を用意、朝礼コスト換算をして廃止してみませんか?不要と考えている人は多いので、意外と簡単に廃止できますよ。

目からウロコの残業ゼロの仕事力!私が毎日定時に帰る為に学んだ3つの習慣
こんにちは!残業が多いと言われるIT業界で働くMahaloです。私も30歳を過ぎで残業する事が辛くなってきました。いつまでも20代のような働き方をしてはいけないと考え、30代になる
残業代は仕事が出来ない奴へのご褒美だ!残業の本質を考える
世の中に残業しない仕事術が溢れてますが、本質的な解決方法を示しているものは少ないと思う。本質を理解せずに、残業を減らそうとしても従業員の体力を奪うだけで、常にムチを打って働いている
社内の勉強会の目的って何だ?開催することが目的になっていないか?
こんにちは、Mahaloです。社会人の皆さんは社内で勉強会って定期的に開催されていませんか?私の会社でもは、勉強会が急に流行る時期がありまして、様々なテーマの勉強会が月に1度か2度

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中