毎日21時まで残業するよりも18時まで集中した方がアウトプットが多かったんだが

こんにちは、Mahaloです。みなさん残業してますか?2週間で様々な働き方を試してみたのでその実験結果をレポートします。今回の実験では私は何時まで働くことが生産性が高いのか?というもの。それぞれ試した時間は、「9時から3時間だけ働く」「定時で働く」「残業して21時過ぎまで働く」の3パターンです。

それではどのような結果になったのかそれぞれ見ていきます。

スポンサーリンク

普段の生活スタイルの18時までが負担が少ない

最初に普段の生活スタイルでもある定時まで働く場合です。私の場合、集中している時間は、午前中の3時間と夕方の15時から18時のトータル6時間です。

午後の食事後の2時間はどうも集中できず、休憩時間の流れが続いていたり元々会議が多い時間なので、生産性活動というよりも他人のサポートをする事が多い時間。

この働き方をすると18時前には疲れてしまって、夕方以降は働く気になりません。当日中にやらなければならない仕事は、前もって完了させてしまっているので帰ります。

家に着く時間は19時頃ですかね。家族と食事をとって寝るまでの間、子供と遊ぶ時間です。子供と一緒に布団に入り21時半には寝てしまうことも・・・。寝落ちせずに起きていられれば、ブログや勉強の時間です。

翌日はすっきり起きてまた同じサイクルを続けていく事ができます。おそらくこのサイクルが私にとってベストなものとなっております。

強いて言えば、18時と言わず、午後の集中していない時間を削減して、16時くらいに帰るというのが生産性的にはベストなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

極端な3時間のみ働くパターンは、疲れる

3時間のみの労働になるので、毎日続けることはできません。3時間労働と定時帰りを数日間続けて見ました。

驚くことに、毎日定時帰りの日と比較してさほどアウトプットの量は変化しません。

????

普通ならば、労働時間が減ればアウトプットの量は減りますよね?私もそう思ってました。なぜ変わらなかったのか?

集中力の違いと決断の早さが違うのです。また、品質もギリギリのラインを狙うようになります。

しかし、この働き方は他人のフォローをする余裕がほとんどない為、お勧めできないというのが感想です。また、非常に疲れる・・・。

普段以上に集中してタスク消化と決断していく為、非常に頭を使います。はっきり言ってこの集中力は定時まで働く場合には使えません。疲れてしまって次の日に影響します。一度だけ職場の別の方が急遽休んでしまった時に、この集中力で21時まで仕事をした時があったのですが、反動で次の日は仕事に手がつきませんでした・・・。

人間が本当に集中できる時間ってのは、一日の中で何時間なのか決まっているんでしょうね。

スポンサーリンク

21時過ぎまで残業。どんどん労働時間が伸びるという罠が・・・

最後に多くの方が実際に行なっているこの働き方です。率直な感想は、生産性も落ちるしミスも増える。アプトプットの質も落ちて、さらに労働時間が伸びて辛かったです。

なぜこのような事態になってしまったのか?

考えられる原因の一つ目が、21時過ぎまで働くと次の日に疲れが残ること。帰宅後も子供と遊ぶことや、ブログ更新や勉強が一切できません。ただ寝るだけ・・・。翌日起きて仕事をしても集中力も続きませんでした。

次の原因が、一日に集中できる時間がどんどん少なくなっていくこと。

疲れが溜まっていると、翌日の集中できる時間が短くなってくるのです。何日かこのサイクルを続けてくると一日のうち2時間程度しか集中して仕事をしていない気がします。特に午前中や午後の早い時間は、最悪です。やっと集中していけるのが、18時くらいから・・・・。

同じように、夕方から急にやる気出てくる人っていますよね。その人たちは夕方から集中して仕事して遅くまで働くサイクルを毎日続けてしまっているんでしょうか。ダラダラ働いてしまう結果、長時間労働になっているのだろうと思います。

まとめ

この三種類の働き方を試した結果、残業削減のために無理やり定時に強制退社させるという方法もありなのではないか?と感じました。

いかに3時間のみ労働していた際の集中力や決断力、ギリギリの品質というように時間内に仕事を片付けていく力を身につけていくことが、残業なしという限られ時間で働いていく為のカギなんでしょうね。

残業するヤツを評価する日本企業は終わってる!残業=仕事できない人なんだよ
こんにちは、Mahaloです。日本の残業って改善されないですかね。仕事量が多いとか、顧客に満足してもらう為に頑張るという理由から、評価の為、最終的には上司が帰らないから残業するとい
電通社員の過労死の真の原因は長時間残業ではない!周囲フォローは無かったのか??
こんにちは、Mahaloです。昨日、電通の若手女性社員が過労が原因で自殺してしまうという悲しいニュースが流れていました。その後もネット上では、電通を批判する記事や電通の長時間労働体
残業代は仕事が出来ない奴へのご褒美だ!残業の本質を考える
世の中に残業しない仕事術が溢れてますが、本質的な解決方法を示しているものは少ないと思う。本質を理解せずに、残業を減らそうとしても従業員の体力を奪うだけで、常にムチを打って働いている

シェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中