タスクの平準化ってなんだよ!迷惑な活動が会社で流行ってるんだが・・・。

こんにちは、Mahaloです。会社でタスクの平準化ってのが流行ってます。何やら長時間労働問題に対応する為の一つの対策なようです。こんな上辺だけの対策が出てきたんんだが、本当に迷惑極まりない!

チームで仕事をしているのは、重々承知しているのですが、他人の仕事の進め方が悪いのに、その尻拭いをしているんだが疲れてきたよ・・・。こんな感じで、仕事ができる人に仕事が偏るという問題は、どの会社でも発生しているのではないでしょうか?そんな問題に対して対策を考えてみた。

スポンサーリンク

単純に業務量を平準化すると発生する問題点

タスク平準化を何も考えずに安易な考えで実施すると、必ず不満をいうメンバーがいます。私もタスクを平準化して極端な残業をしているメンバーのタスクを引き取ることがありますが、正直いい気持ちではないです。

何が嫌なのかというと、自分自身の仕事は残業しないように最大限努力をし、「目的を達成するための最低限の仕事を行う」「目的に向けての段取りを決めて着実に実施する」「効率化する」というように工夫をして残業しないようにしております。

しかし、この削減した時間に他のメンバーの仕事が降りかかるのです・・・。これが日本で度々発生する仕事ができる方にタスクが偏る原因ですよね。あの人なら「仕事がスムーズにできるから」、「時間もあるから」という理由でタスクを任せてしまおうという心理が働くのです。

この状態が一時的であれば問題ありませんが、長期化してしまうと、メンバー間で亀裂が生まれてしまう可能性がございます。そんなギクシャクしたチームでは仕事もスムーズに進みませんよね。

スポンサーリンク

平準化する前に仕事内容見直そう

平準化といって安易に業務量を調整すべきではないです。まず、最初に業務量の平準化する前に各自の仕事内容を見直すべきだと考えます。私がいつも大切にしている仕事の平準化や残業に対する方針は以下の7か条を念頭に置き、チームメンバーに実施するように伝えています。

  1. そもそも、タスクをやめられないか。無くせないかのか?断れないか?を考える。
  2. アウトプットを変えられないか
  3. もっと効率的なやり方に変えられないか(短い時間でやれないか)
  4. 今やらなくてもいいでしょ!後日やりましょ。
  5. 後日予定している仕事を今できないか。ピークをずらせないか。
  6. 誰かに手伝ってもらえないか
  7. 残業時間、休日を使えないか(一時的に、働く時間を増やす)

これって本当に大切で、最初に7の残業を前提として働き、その後6の誰かに手伝ってもらうことを実施している人が多すぎなんですよ。

メンバーの仕事を聞くと、1〜5がすっぽり抜けている場合が大半です。

スポンサーリンク

私の残業削減に向けての取組み内容

どんな会社でも電通問題を受けて、残業削減に向けて活動しているでしょう。特に大企業はマスコミのネタにされてしまうので、大変なんだと思います。

私もチームや部で電通のような問題が発生しないために、残業削減を取り組んでいます。最初に多くを取り組んでもどれも中途半端になってしまうので、私はまず以下の方針を立てました。

仕事量自体を減らすことに重点を置いて、作るべきアウトプットを減らす。アウトプットを適正化する。仕事過剰の低減(やり過ぎない)重複仕事の低減(やらずに済ませる)をチームメンバーと徹底していきます!

残業削減に向けての課程は、別記事で随時アップしていきますね。

目からウロコの残業ゼロの仕事力!私が毎日定時に帰る為に学んだ3つの習慣
こんにちは!残業が多いと言われるIT業界で働くMahaloです。私も30歳を過ぎで残業する事が辛くなってきました。いつまでも20代のような働き方をしてはいけないと考え、30代になる
残業代は仕事が出来ない奴へのご褒美だ!残業の本質を考える
世の中に残業しない仕事術が溢れてますが、本質的な解決方法を示しているものは少ないと思う。本質を理解せずに、残業を減らそうとしても従業員の体力を奪うだけで、常にムチを打って働いている
残業するヤツを評価する日本企業は終わってる!残業=仕事できない人なんだよ
こんにちは、Mahaloです。日本の残業って改善されないですかね。仕事量が多いとか、顧客に満足してもらう為に頑張るという理由から、評価の為、最終的には上司が帰らないから残業するとい

シェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中