【裏技】簡単にスイーツが作れちゃう?業務スーパーのスイートポテトが優秀すぎる

こんにちはMahaloです。私も大好き業務スーパーですが、本ブログでも多く紹介しております、牛乳パックシリーズやリッチケーキシリーズが、すでにご存知の通り売り切れている店舗も出ている盛況ぶり。

本日は、牛乳パックシリーズが話題になる前から地味に話題になっていて根強い人気があるのが、今回紹介するスイートポテトです。

今日はこのスイートポテトの優秀さと、この商品を使った手作りスイーツを紹介しちゃいます。

スポンサーリンク

スイートポテトは安心の国産で500グラム200円

業務スーパーのスイートポテトは、安心の国産商品です。冷凍食品というと中国製が多いかと思われておりますが、業務スーパーのスイーツ系は実は大半が国産かヨーロッパ産と珍しい構成になっております。

スイートポテト

写真のスイートポテトは、500グラムで200円程度のものです。1キログラムで400円というバリエーションもあるので、どちらを選ぶのかはあなた次第です。私は、いつも500グラムを購入します。だって、我が家の冷凍庫が業務スーパーの品で一杯なので、少しでも少ない方が嬉しいですって・・・。

500グラムで200円というのがどの程度安いかというと、スイートポテトで有名な「上州芋屋」さんが100グラム210円で販売しておりますので、その安さがわかるかと思います。

スポンサーリンク

スイートポテトは食べやすい一口サイズ

業務スーパーのスイートポテトの凄いところは、ただ安いだけではありません。一つが小さくカットされておりますので、食べたい分だけ解凍すれば食べれるのです。

スイートポテト

一粒は、17グラムでした。一度に食べるのは、5個くらいがちょうど良い量でしょう。

スポンサーリンク

安かろうは悪かろうではないのか?

先ほどの通り、安いので味が心配になります。実際に食べでみましょう。

まず、解凍します。解凍方法は電子レンジでもオーブンでもどちらでも良いですが、個人的には水分が少し飛んでくて、焼き目が付いてくれるオーブンがオススメです。

しかし、その心配は無用です!!

ネットの評判を見たらわかるように、マジで美味いです。

まさに驚きの美味しさでした。バターが効いていて若干飽きがくる味かもしれませんが、この金額でこのクオリティは大満足です。コスパ最高ですよ!

業務スーパーのスイートポテトで手作りスイーツ?

このスイートポテトを使えば、誰でも簡単に手作りっぽいスイートポテトが作れちゃいます!スイートポテトを使ってスイートポテトを作るなんて邪道だという批判は、ご遠慮ください。手作りスイーツが苦手女子の最終手段ですよ。

早速作り方をご紹介します!

冷凍のスイートポテトは解凍後、非常に柔らかいので写真のようにスプーンですぐに潰れます。

IMG_3385

なので・・・

大量に作って裏ごして、好きな大きさに整形。

卵黄を塗ってオーブンで焼けば、更にきめ細かいスイートポテトの完成です。邪道でしょ?手作りとは言えない?そんなものバレンタインのチョコも一緒じゃないですか!あれだって、チョコを溶かして固めてるじゃないですか!

手作りスイートポテト?と宣言して良いかどうかは別として、その美味しさにびっくりされる事間違い無しですよ。

【激安】業務スーパーの冷凍チュロスが100円未満で美味すぎる!買わなきゃ損です!
こんにちは、Mahaloです。私も大好き業務スーパーですが、本ブログでも多く紹介しております、牛乳パックシリーズやリッチケーキシリーズが、すでにご存知の通り売り切れている店舗も出て
業務スーパーで本場ベルギーの味!?とろーり濃厚フォンダンショコラがうまい
こんにちはMahaloです。私も大好き業務スーパーですが、本ブログでも多く紹介しております、牛乳パックシリーズやリッチケーキシリーズが、すでにご存知の通り売り切れている店舗も出てい
業務スーパー史上最高の商品!見た目は豆腐だが、本当に上手い冷凍チーズケーキ
こんにちは、Mahaloです。今回は、今話題の業務スーパーのオススメ商品のご紹介です。ネットで話題の見た目は豆腐。中身はチーズケーキである「リッチチーズケーキ」です。正直今回の商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中