年会費無料のエポスカードゴールドで還元率1.8%の秘密

別記事でも紹介しましたが、私は陸マイラーです。しかし、ANAカードは持っていません!昔持っていましたが、移行手数料が上がる事をキッカケに解約してしまいました。

では、どの様にマイルを貯めているかというと、エポスカードです。

普通に使っていてもエポスカードは還元率0.5%程度にしかなりません。1.8%にするには幾つか条件がありますが、リボや二回払いなどという方法は不要です。普段通り使っているだけで達成できるのです。

その秘密をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

エポスカードゴールドで還元率1.8%の条件

  • 選べるポイントアップショップで年間30万利用する
  • edyチャージして年間20万利用する
  • 上の条件を含めて年間100万利用する

どうですか?難しいですか?さほど難しい条件ではないと思います。

選べるポイントアップショップとは何?という方は過去の無料ゴールドカード。コスパ最高のエポスカードのメリットをご覧ください。

スポンサーリンク

還元率計算

還元率を50万決済 100万決済で比較します。

 50万決済100万決済
基本ポイント2500P5000P
ボーナスポイント2500P10000P
選べるポイントショップ
利用ボーナスポイント
(30万利用想定※)
3000P3000P
Edy利用
(20万利用想定)
1000P1000P
ポイント合計8000P18000P
還元率1.6%1.8%

※私の30万決済の内訳:JR東日本の定期:10万。東京電力:12万。ネット代:6万。他:2万。

また、たまるマーケットというエポスカードのポイントサービス経由でamazonや楽天を利用すると更にポイントが上乗せされますので2%以上にする事も可能なのです。

これだけの還元率を無料で手に入れられる。また、エポスカードは特徴的なサービスが多く、還元率以外のメリットも多いです。

詳しくは、無料ゴールドカード。コスパ最高のエポスカードのメリットをごらんください。

また、私がエポスプラチナカードを活用したマイル獲得の秘訣も後日アップします。

参考:実はエポスカードは凄いカードだったと思う5つの特典

参考:エポスプラチナカードのメリットとゴールドカードとの違い

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中