【驚愕の還元率1.8%】エポスゴールドカードの5つの特典をフル活用した還元率1.8%の秘密

こんにちは、エポスプラチナカードを使い続けて早5年を経過したMahaloです。

以前、エポスカードの一般カードに関してお得だと思う5つの理由を紹介しました。今回は、一般カードの次のステージのエポスゴールドカードについて紹介します。

こんにちは!今日は私もメインで使っているエポスカードの凄いところを紹介します。第一弾は一般カードで受けられる特典を紹介します。私自身はエポスプラチナカードをメインで

スポンサーリンク

ゴールドカードを入手するまでの流れ

エポスゴールドカードを入手するためには、2つの方法があります。

方法1:一般カードを使い、インビテーションを待つ

方法2:突撃する

私は強く方法1のインビテーションを待つ事をお勧めします。インビテーションから入手することで、年会費が初年度無料になります。その後も年間50万を利用するだけで年会費が無料になりますので、50万以上決済する方は年会費無料となります。突撃で取得しようとすると、初年度年会費5000円が掛かってしまいます。

さて、肝心のゴールドカードインビテーションからが来る条件は、一般カードで年間50万利用する事だとされています。私も21歳の時にゴールドカードになったはずなので、年間100万も使ってません。当時は20代前半でも取得できたという事になります。

スポンサーリンク

ゴールド特典1:永久不滅ポイント

ゴールドカード特有の特典で、一番の目玉がこの永久不滅ポイントだと思います。

有効期限があると期限前にポイント交換する必要があり、まとまった利用ができません。私は、エポスポイントをANAマイルに交換して特典航空券を利用しておりますので、まとまったポイントが必要になります。この点は非常に得だと思います。

さらに、ゴールドカード以上の特典として、マイル交換に必要なエポスポイントが1エポスポイントで0.6マイル。一見還元率は低いように見えますが「永久不滅ポイント」「年会費無料」と考えると良い内容だと思います。

スポンサーリンク

ゴールド特典2:選べるポイントアップショップ

これも私が好きなエポス特有のサービスです。指定された店舗の中で3つ選ぶことができ、選んだ3店舗での買い物のポイントが3倍になります。

代表的な店舗でいうとイオン、イトーヨーカドー、マルエツといったスーパーやヤマダ電機 ヨドバシカメラなどの家電。JR定期でも利用可能。電力会社やガス、インターネットプロバイダでも可能。保険の支払いにも使える。さらに、ららぽーとや三井アウトレットパークでも可能。年間通してよく利用する店舗を登録することで高還元率カードに変化します。

私は、電力会社・インターネットプロバイダー JR定期かスーパーという形でこまめに切り替えてます。

詳しい一覧は、公式サイトをご覧ください。

 

ゴールド特典3:無料空港ラウンジサービス

飛行機に乗るとき、少し時間があり出発ロビーで待つこと多いですよね。このエポスカードを持っている人は、出発ロビーで待つという事はしません!

なぜなら、エポスカードには、無料でラウンジが利用出来るサービスが付いているからです。エポスカードで入れるラウンジは、国内主要空港に基本的にあります。羽田や那覇にもあります。私が利用する羽田のラウンジにはベーグルやサンドウィッチ、ソフトドリンクにコーヒーがあります。無料の雑誌を読みながらゆったり過ごすとよいでしょう。最近は他のゴールドカードでも利用できますが、年間費無料のゴールドカードで利用出来るのは、イオンカードとエポスだけでないでしょうか。

ゴールド特典4:年会費無料のゴールドカード

先ほども少し触れましたが、エポスカードは特定の条件を満たせば年会費無料になります。他のカードでは、年間100万利用で無料ということは多いですが、なんと!エポスカードは年間50万の利用で年会費無料になってしまいます。

ゴールド特典5:年間の利用額に応じたボーナスポイント

年会費無料と深い関係があり、エポスカードの重要な特典のひとつです。私は、最初はこれが目当てで無料のゴールドカードを利用してました。

年間50万利用で2500円相当のポイントが付きます。まぁ50万利用で年会費無料になり2500円分のポイントなんて嬉しいですね。

しかーか。なんと年間100万利用で10000円分のポイントが付いてきます。年会費無料でこの特典は、他に聞いたことがありません。

当然ポイントは永久不滅ポイントですから、溜まるのを待ってから一気にマイル交換などというのもアリですね。皆さんもエポスゴールドカードに興味が出たら入会した方がいいですよ。

エポスカードゴールドで還元率1.8%の条件

普通に使っていてもエポスカードは還元率0.5%程度にしかなりません。1.8%にするには幾つか条件がありますが、リボや二回払いなどという方法は不要です。普段通り使っているだけで達成できるのです。

  • 選べるポイントアップショップで年間30万利用する
  • edyチャージして年間20万利用する
  • 上の条件を含めて年間100万利用する

どうですか?難しいですか?さほど難しい条件ではないと思います。

この条件で、還元率を50万決済 100万決済で比較します。

 50万決済100万決済
基本ポイント2500P5000P
ボーナスポイント2500P10000P
選べるポイントショップ
利用ボーナスポイント
(30万利用想定※)
3000P3000P
Edy利用
(20万利用想定)
1000P1000P
ポイント合計8000P18000P
還元率1.6%1.8%

※私の30万決済の内訳:JR東日本の定期:10万。東京電力:12万。ネット代:6万。他:2万。

この表から判断できるように、年会費無料のゴールドカードで1.8%まで還元率を高めることができるのです!しかも、ゴールドカード特有の特典も受けつつ。

また、たまるマーケットというエポスカードのポイントサービス経由でamazonや楽天を利用すると更にポイントが上乗せされますので2%以上にする事も可能なのです。

これだけの還元率を無料で手に入れられる。また、エポスカードは特徴的なサービスが多く、還元率以外のメリットも多いです。

そしてゴールドカードを入手できた方は、さらにお得なプラチナカードはいかがでしょうか?

【コスパ最高】エポスプラチナカードの7つの特典!プラチナホルダーがゴールドとの違いを解説
こんにちは!Mahaloです。今回はエポスカードのプラチナカードとゴールドカードを比較し、プラチナカードのメリットをお伝えします。

ABOUTこの記事をかいた人

30代の東京で消耗している社会人のMahaloです。沖縄でのプチホテル開業に向けて準備中。日々経験したことを自由にまとめているブログです。 ブログタイトルのMahaloはMa:〜の中に Ha:呼吸する、命、魂 Alo:共有する、向き合う 「魂・命の中に共有する」で「Mahalo:ありがとう」と考えると深い意味ですね。 私の大切な言葉「一度きりの人生、無駄にしない。他人にどう思われても構わない。自分で考え行動する」