就活あるある!学生が間違いやすいコミュニケーション力とは

こんにちは。今回は就活を行っている学生さんに向けて、現役社員の目線でアドバイスさせてもらいます。ちなみに私は、採用担当でも人事部でもありません!あくまでも個人的な意見でありますが、一般的なビジネススキルを語っていますので、面接にも通じるものがあるはずです。

別の視点で現役社員が考える就活でアピールしたい2つのポイントを記載しておりますので、参考になさってください。

そもそもコミュニケーション能力とは?

強みで「コミュニケーション力があることです!」と自身満々に言っていませんか?

一歩誤った認識でコミュニケーション力を語ると、就職活動で痛い目見ます。しかし、実際は多くの学生さんが誤った理解のもとコミュニケーション力という言葉を使っている気がします。

スポンサーリンク

学生さんが勘違いしているコミュニケーション力とは?

友達が多い。誰とでも気さくに話ができる。バイトでお客さんと仲良くなっている・・・などなど。話す内容よりも雰囲気で仲良くなれるという事が多いでしょうか。これらも重要なコミュニケーション力なのかもしれませんが、面接の場では社会で働くうえでこれらよりも重要視されることがあります。

最近、学生や他の社員と話していてこの人出来る!と思うのは、以下の行動が出来ている人です。

スポンサーリンク

コミュニケーション力がある具体的な行動とは

  • 的確な質問をして、相手の言いたいこと。求めている事を理解し話せる。
  • 相手の意見を理解し、自分の意見との相違点を交換できる
  • 自分の考えを相手の関心に合わせて整理し、適切に伝えることができる
  • 適切な質問をすることで、さらに有効な情報を引き出している。

これらの行動をとり、下の3点を意識すると内定が多くもらえるようになるはずです。

  1. 質問された際は、相手は何が知りたいのか。どういった意図で質問しているのかを意識して、回答する。物事を考える。
  2. 自分の考えをわかりやすく他者に伝えられる。相手の話を的確に把握する。
  3. 逆に相手に何か伝えるときは、伝えるポイントは何か。相手の知識のレベルに合わせた内容になっているか。

面接のテクニック

私は面接官ではありませんが、ビシネススキルとして話す時のテクニックを面接のシチュエーションに置き換えて考えます。

例えば、相手が物理学の専門家でもないのに、専門用語を列挙されても相手の頭の中は「?」です。ゼミや研究室でやっている内容をいかに専門外の人に判り易く伝えるかが重要です。そして相手に取って何か付加価値を与える事ができるか。興味を持ってくれるような内容なのか。相手は素人と考えて説明してください。

ここでシミュレーションです。面接官が学生時代に打ち込んだことを聞いてきました。あなたならどうしますか?

この質問をする面接官は、何が知りたいのでしょうか。

きっとあなたの実体験が知りたいのです。苦労したこと。学んだこと。工夫したこと・・・。

例えば、大学で@@@@を学びました。途中@@@@という困難がありましたが、自分なりに問題点を分析し、@@@を工夫する事で@@@することができました。
この経験から@@@を学びました。

面白くはありませんが、模範回答だと思います。大切なことは、自分自身の意見や行動、工夫が会話の中に入っている事です。しかし、決して長々と話し続けないでください。話が長いのは、NGです。

個人的に面白いと感じるのは、想像しない答えが返ってくると面白いです。こちらから質問した事に対して、当たり障りのない当たり前な事しか返ってこないよりも、良い意味で予想を裏切る答えが返ってくるとワクワクします。難しいテクニックかもしれませんが、回答の中に更に社員が質問したくなるようなポイントを織り交ぜておくと、会話が広がります。

コミュニケーションで普段こんな事をしていたら要注意!

  • 発言が薄っぺらく自分自身の意見がない。
  • 発言が多すぎて混乱させる。
  • 自分の考えを整理しきれないまま話し出してしまう。結局何が言いたいのかわからない。
  • 相手から質問された時に、適切な回答ができない。
  • 根拠が明確でないため、相手を説得できない
  • 話を最後まで聞かずに、自分の話をする
  • 周囲の発言を否定する

まとめ

学生が思っているコミュニケーション力は、社会で通じないものである場合があります。社会で大切なのは、自分の考えをわかりやすく他者に伝えられる。相手の話を的確に把握できる。

面接では、相手との会話が弾むこと。良い意味で予想を裏切る回答をする人は面白く、一緒に働いてみたいです。決して、一問一答にはならないようにしてくださいね。これでは対話ではなく、尋問です。

就活あるある!学生が間違いやすいコミュニケーション力とは
こんにちは。今回は就活を行っている学生さんに向けて、現役社員の目線でアドバイスさせてもらいます。ちなみに私は、採用担当でも人事部でもありません!あくまでも個人的な意見でありますが、
就活の面接で是非アピールしたい2つのポイント。主体性と課題解決力とは何か
前回のコミュニケーションに続いて今回は、考え方を分析します。社会人になると、どんな人が評価されるのでしょうか。社会人になって評価される人の考え方=就職でアピールすべきものでしょう。

シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中