保育園の激務の原因!?無駄な保育計画書でサービス残業。ヤバいぞ日本の保育園

こんにちは、Mahaloです。実は、私の家族に元保育士がいるんです。5/21に海外の保育士が日本の保育園を視察する番組がやっていて、日本の保育園が安月給だとか、人手不足とか言われている理由が見えてきました。こんな労働実態じゃあ「保育園落ちた日本◯ね」の前に保育士が倒れてしまいますよ。

非常にまずい業界だと感じましたので、疑問に思ったことを書いていきます。

スポンサーリンク

保育士は忙しい?安月給?その実態とは?

平成26年の厚生労働省の「保育士等に関する関係資料」によると、保育士が保育園へ求めている改善希望は、以下の通りだったようです。

「給与・賞与等の改善」が6割(59.0%)で 圧倒的に高い。次いで「職員数の増員」(40.4%)「事務・雑務の軽減」(34.9%)「未消化(有給等)休暇の改善」 (31.5%)など、労働条件や職場への不満の高さが見られる。

引用元:平成26年の厚生労働省の「保育士等に関する関係資料」

この調査結果を見ると、給与が低く人手が不足しているという現状が見えてきます。本資料の中に、保育士のこれから頑張るという世代の20歳から24歳の女性の平均年収はなんと約250万

別の厚生労働省の賃金構造基本統計調査の結果によると、残業は、平均4時間

いくらなんでも安すぎます・・・。

実際の我が家の元保育士の給与を聞くとビックリしますね・・・。そして、忙しかったようで、仕事を家に持ち帰って制作準備や保育計画書を作成していたようです。

こういう実態から、サービス残業が多く発生している業界だという事がわかってきます。

スポンサーリンク

保育士はなぜ忙しいのか?保育計画書が悪???

保育園には、保育計画書というものが存在するようです。この保育計画書には何が書かれているのか?

我が家の元保育士に聞いてみると。

「日毎の行動とそれぞれの行動の目的を書く。そして、実績と反省を書く。」

だそうです。これを毎日書いているようです。しかも、大半の保育園はこれを手書きで・・・。

具体的に何を書いているかというと、

例えば、保育で「園庭の遊具で遊ぶ。」としたら、その目的は、「遊具の使い方を覚える。遊びを楽しむ」と計画するようです。これに対して、毎日振り返りを行うようです。

これを1日の行動に対して、やることが厚生労働省から義務付けられているようです。

とあるサイトに公開されているサンプルを見るとビックリしますね。こんなことを毎日書いていたら嫌になりそうです。

keikaku6

出典:childcare web http://home.childcareweb.jp/?page_id=29 

はっきり言って毎日こんなこと書いているの、時間の無駄ですよ。せめて四半期に一度か、半年に一度実施すればいいのではないでしょうか。

とある番組で海外の保育士が、この計画書を見たときに驚いてました。はっきりと「何の意味があるのか?」と日本人に聞いていました。すると、「保育計画書が細かく計画を立てることが日本人らしい」とスタジオの発言力のあるタレントが言ってました!!!

また、日本人らしいという発言です。私はこの言葉が嫌いです。

この発言をメディアで放送されるようじゃ日本ダメだよ。保育計画書に対して、疑問を持たないと!!

スポンサーリンク

他にも壁面の飾りや制作の準備等が忙しい

謎の保育計画書の他にも、やることが多いです。その一つに壁面と呼ばれる壁の飾り付けや、子供が工作をするための準備や、お遊戯会の衣装準備の仕事など工作している時間が多くあるようです。

毎年同じものの使いわましじゃダメなのか?壁面なんて、無くてもいいのではないか?必要ならば、子供と一緒に作ればいいのでは?と思います。新品が良ければ、親に作ってもらうでも良いかと思います。

すべて、保育士さんがやることではないのです!

そして、壁面なんて無くてもいいではないか!新品では無く、使いまわしで何が悪い!

元保育士に聞くと、「他の園でやっているから。」「ママさんたちからクレームが心配」ということで、毎年壁面は新調し、衣装も手作りということが発生しているのです。

この仕事量で、平均残業が4時間!?

我が家の元保育士の証言によると、残業は少なくとも月40時間はやっていましたが、残業代はもらった事がないそうです。すべてサービス残業。しかも、通常9時間拘束される場合、1時間の休憩が義務つけられてますが、休憩というものが存在しないようです。中には、トイレにも行けず膀胱炎になってしまったという体験談も・・・。

最後に・・・

保育業界は、世間からここまで大きな期待を受けている業界です。行政も何かしら賃金上げるという税金を使う以外の方法で、保育園を救って欲しいですね。

このままでは、「保育園落ちた日本◯ね」ではなく、労働環境を変えないと、子供を受け入れる保育士が倒れてしまいますよ。

【驚愕】ついにストライキにまで発展!保育士さんの待遇、安月給に我慢の限界!
こんにちは、Mahaloです。実は、私の家族に元保育士がいるんです。5/21に海外の保育士が日本の保育園を視察する番組がやっていて、日本の保育園が安月給だとか、人手不足とか言われて
【驚愕】幼稚園でエリート育成?まるで軍隊並みの幼稚園が何か変だよ!
こんにちは、Mahaloです。5/21に海外の幼稚園教員が日本の幼稚園を視察する番組がやっていました。その中で紹介されていた、幼稚園は、日本でここだけ?かもしれませんが、想
ガラピコぷーで伝説に残る4/19と20に何があった!率直な感想
こんにちは、Mahaloです。子供向け定番番組のガラピコぷーが開始して、一ヶ月近く経とうとしているところで、早くも内容が凄まじく酷い。特に伝説に残りそうな強烈な放送をご紹介

1 個のコメント

  • まったくもって、おっしゃる通りです!
    こういった的確な意見が行政に届いていないことが、残念でなりません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
    沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
    この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
    仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
    豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

    現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
    また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

    将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中