【驚愕】幼稚園でエリート育成?まるで軍隊並みの幼稚園が何か変だよ!

こんにちは、Mahaloです。5/21に海外の幼稚園教員が日本の幼稚園を視察する番組がやっていました。

その中で紹介されていた、幼稚園は、日本でここだけ?かもしれませんが、想像を超えるぶっ飛んだ幼稚園(東京のいずみ幼稚園)でしたので、疑問に思ったことを書いていきます。ネットで調べると教育熱心で有名な幼稚園なんですね。

スポンサーリンク

卒園時のIQが平均以上?教育熱心な「いずみ幼稚園」

紹介されていた幼稚園は、卒園時のIQが通常の幼稚園を卒園した場合に比べて、高いようです。何をやっているか気になりますね。紹介されていた内容は、

  • 四文字熟語や百人一首、漢文の暗記
  • ピアノの音階に合わせて、体を動かす
  • 目隠ししてピアニカ
  • 先生の指揮に合わせて歌を歌う
  • 正座で瞑想

が紹介されておりました。

「絶対音感を身につける」。「集中力をつける」。「大人のいいなりに動く」の3点を習得するための幼稚園なんですかね?良くある幼稚園でお友達と触れ合うという行為が見れませんでした。

スポンサーリンク

幼稚園で漢字を勉強?丸暗記?それってどういう意味がある?

この幼稚園では、漢字教育をやっている。フラッシュカードで四文字熟語。百人一首、漢文を丸暗記するようです。なお、言葉の意味は教えていない。と断言しておりました。

この様子を見ていた海外の視察団の感想は「難しい漢文や百人一首の意味を教えずに丸暗記する意味があるのか?軍隊みたい。」というのもの。

当然の感想です。多くの日本人も同じ感想を持ってほしいが、多くの日本人の感想は「幼稚園児にここまでやらせて、早すぎるのではないか?やり過ぎではないか?」というものではないでしょうか。

というのも、日本の学校教育は「暗記」を正しい勉強方法として認識してししまっていいます。なので、この丸暗記を否定するわけではないのです。暗記を受け入れた上で、実施する時期を問題視しているのだと、私は推測しております。

ツイッター上に、まともな感想もありました。

スポンサーリンク

幼稚園側の反論。意味を考えず丸暗記することの効果とは?

この意味を考えずに、丸暗記する教育?方針に幼稚園側の意見が紹介されました。

「丸暗記でも語彙が増えることで、考える力が身につくというもの・・・」

説明が論理的じゃないダローーーー!

まず、難しい言葉を丸暗記する事で、記語彙が増える事はないです。言葉として使うには、意味を理解していなけれ使えません。仮に使ったとしても、間違った意味で使ってしまうかもしれません。

大人のビジネスの場で、意味も理解していないのに「横文字」を使ってくる人いますよね。例えば、「コンセンサス」「コンプライアンンス」「カスタマージャーニー」言葉だけ知っていて何となくの意味だけで使っているのは、避けたいです。

そして、語彙が増えることで、考える力が身につく?

意味がわからなすぎます。幼稚園側が教育方針を考え直した方がいいのではないのでしょうか?

幼稚園教育で大切なことは、考える力を身につけること

園児に考え方を身につけるには、様々な体験を通じ、体験から考え、学ぶことが重要なのだと考えます。

幼稚園では、園児自ら考えることの、ちょっとしたお手伝いをしていただきたいものです。日々の出来事に対しての「疑問や驚き、そして感動」といったモノを、幼稚園で体験させてあげてほしい。

それは、同年代の園児との集団行動の中で経験することで、家族で経験するのとは、違った考え方を身につけることができるでしょう。

自分で考えさせる事が大事だと思う今日この頃。番組で紹介していた幼稚園を見ていると軍隊アリを育成しているようにしか見えなかった。

このような考えない教育による厚切りジェイソンさんのツイート

ガラピコぷーで伝説に残る4/19と20に何があった!率直な感想
こんにちは、Mahaloです。子供向け定番番組のガラピコぷーが開始して、一ヶ月近く経とうとしているところで、早くも内容が凄まじく酷い。特に伝説に残りそうな強烈な放送をご紹介
幼稚園の運動会が大人も子供もガチすぎて驚いた!1対1の勝負種目が凄い
こんにちは、Mahaloです。娘が幼稚園に行きだして初めての運動会に参加してきました。幼稚園の運動会なんでマッタリしているんだろうと思い参加しましたが、そんなことありませんでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中