【驚愕】バーベキューの火おこしが新聞紙1枚で!スマートで簡単な火おこし方法

こんにちは、Mahaloです。バーベキューの火おこしって結構大変ですよね。そんな大変で手間がかかる火おこしを新聞紙1枚で実施してしまう方法もあるのです!当然着火剤やバーナーといいったものは使いません。とある道具と新聞紙を使うだけ。

まずは、火おこしの種類をおさらいしましょう。

スポンサーリンク

一番オーソドックスな方法が着火剤を使う方法

一番オーソドックスな方法が着火剤を使う方法です。着火剤には固形タイプとジェルタイプが存在しますが、私ならば固形タイプを利用します。ジェルタイプって扱い方を間違えてしまうと、大事故につながりますので、安全な固形タイプを使います。

固形タイプというとさほどメーカーで近いは出ませんが、安くて使いやすいのがこちらのものです。

着火剤を使えば簡単に火おこし可能ですね。炭でテントのような空間を作り、中に着火剤と新聞紙を入れて火をつける。

後は様子を見て、「うちわ」で仰げば火がつきます。所要時間は30分程度でしょうか。

スポンサーリンク

バーナーを使う火おこしは、とにかく早い

バーナーを使った火おこしの特徴は、着火剤を使うよりも早く火をおこせます。方法は簡単で、先ほどと同様にテントのような空間を作り、その中にバーナーの火を当て続ける。

バーナーの扱いを間違えなければ、早くて簡単ですが、ガスが勿体無い。意外とガスの消費は早いので、常にストックが必要になるのも面倒ですね。

バーナーを使えば、10分ほどで炭に火が安定してきます。

スポンサーリンク

一番おすすめの方法が火おこし機を使う方法

着火剤やバーナーが主流の中で、私は火おこし機を使う方法をおすすめします。

私が利用している火おこし機はこちら。

このキャプテンスタッグ 大型火消しつぼ火起し器セットです。同じキャプテンスタッグから折りたたみ式の炭おこし名人という商品がございますが、私は、折りたためず収納に不向きな商品がおすすめです。

この商品を使うと、何がいいのか・・・。

  • 着火剤を毎回購入する必要がない
  • バーナーのガスを購入する必要がない
  • 安全に火おこしが可能
  • 炭消し壺としても利用できる!?

この4点です。この商品の使い方を踏まえてなぜ安全なのか。

それは、放置していれば火がおこせるから。

他の方法の場合、炭の燃え具合に応じて風を送る。炭の位置を変更する。長時間バーナーで熱する。という炭に触れる機会が多いです。炭に触れる回数が少ないほど、当然安全ですよね。

写真の状態で放置でいいんですよ!それも、最初に新聞紙1枚を仕込みライターで火をつけるだけです。

すると、下の穴から空気が入り、煙突効果で筒の上へ空気が流れるため、常に炭に新鮮な空気が入り続ける。すると新聞紙1枚の燃料だけで炭に火がついてしまうのです!!

火おこし

所要時間は、15分程度でしょうか。様子を見ながら放置です。

火おこし

なんて楽なんでしょう!!!!中から火が見えてきました!!!

火おこしのために、火の近くで汗水流してうちわを扇ぐお父さん。熱いバナーを持ち続けるお父さん。こんな苦労からは解放されます。

実際に私は、この火おこし機を使うことで火から少し離れた場所から、様子を見ていれば火がついている。なんで今までこの商品を買わなかったのか!と後悔してしまうくらいのものです。

なぜ、コンパクトな折りたたみ式の火おこし機ではないのか?

火おこし機を購入すると決めた後に迷ってしまうのが、どの商品にするか。はっきり言って火おこし機の構造はどれもシンプルですので、機能面で違いは出ません。

にもかかわらず、私がこの商品を選んだ理由は、

火消し壷としても利用できるから。

火消し壷と別々に購入すればいいでは?という疑問があるかと思いますが、キャンプやバーベキューはどれだけ、道具を少なくするかが重要だと私は考えます。また、それぞれ別で購入するよりも、セットのこの商品が安いというのもメリットですね。

そうした時に、火消し壷はバーベキューのルールをして必需品だと考えます。昔、消えたと思って捨てた炭で山火事が発生して、多額の損害賠償が発生した事件がありましたよね。また、最近バーベキューの炭に水をかけて火傷する事件も増えていますね。

火消し壷は、火がついた炭を中に入れるだけで、自然と炭が消えます。さらに嬉しいことに次回、また同じ炭を使い回せるのです。使い途中の炭は、火がつきやすいので、良いことばかりですね。

 

皆さんも火消し壷と火おこし機のセットを利用して、スマートなバーベキューを目指しましょう!

シェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中