気になる超高規格のキャンプ場に行ってきた!驚きのフォレスターズビレッジ コビットの秘密

こんにちは、Mahaloです。ファミリーキャンプで、山梨県北杜市に2016年にオープンしたフォレスターズビレッジ コビット(Foresters Village Kobitto)に行ってきました。このキャンプ場は、今まで私が行ってきた中のキャンプ場で最も高規格でした。この快適なキャンプ場のすごい点をレポートします。

スポンサーリンク

Foresters Village Kobittoはキャンプ場全体が広々している

フォレスターズビレッジ コビット(Foresters Village Kobitto)は、キャンプ場が広いです。私が感じたキャンプ場の印象も「静かで広々、キレイな施設」という印象です。

img_0085

河原と隣接しているため、気軽に川遊びにもいけます。写真を撮り忘れましたが、林間サイトには巨大なブランコがあります。まさに「アルプスの少女ハイジ」にオープニングシーンのようなブランコです。子供も喜びますが、大人も大興奮でした。

スポンサーリンク

電源付きの広々テントサイトがすごい

電源付きサイトは、一般的になりつつありますが、ここのテントサイトは電源付きというだけでなく、とにかく広いことが特徴です。

どのくらい広いかというと、車二台とテント、タープでもまだまだ余裕があるくらいです。我が家は車一台とツールームテントなのですが、車を置いてもこの広さです。

なお、車はテントの奥側に停めております。

img_0095

 

スポンサーリンク

ファミリーキャンプにとって重要なサニタリー棟も高規格

フォレスターズビレッジ コビット(Foresters Village Kobitto)で1番良いと感じたのが、管理棟もサニタリー棟もキレイという点です。

まず、管理棟から。

img_0094

キレイな管理棟の中には、洗剤や着火剤、電池といった忘れやすいものの販売もあります。物販にしては種類も豊富なので、大物の忘れ物をしなければ、ここで足りるでしょう。

次にサニタリー棟の紹介です。

img_0087

このサニタリー棟は、外に焚き火台やペグ、足を洗う場所があります。結構珍しいと思うんですよね。この気遣いは嬉しいですね。

img_0089

次に炊事場の紹介です。

img_0088

ぱっと見、普通?と感じるかもしれませんが、そんなことありません!なんとお湯が出るんですよ。お湯が!!洗剤は付いておりませんので、ご注意くださいね。自分でエコ洗剤を用意する必要があります。

お湯が出るので、洗い物が非常に楽です。油ものも簡単に落ちるので負担が減ります。

炊事場の奥にトイレもあるのですが、匂いもしませんし、温水便座付きのキレイなトイレです。

近隣施設もファミリー向け

キャンプ場の周囲にも魅力的な場所が多くあります。まず、ちょっとした買い物に便利な道の駅白州があるので、ここで地元の名産を購入してバーベキューなどいいですね。

また、日帰り温泉施設も2か所ございます。一つは、尾白の湯です。とてもキレイな温泉ですが、白州・尾白の森名水公園「べるが」内にあるので、結構混雑します。もう一つの温泉は、むかわの湯です。こちらはシンプルな温泉施設で、あまり混雑してません。どちらかというと、地元の方が通う温泉という感じでした。

この2つの温泉施設の割引券を、キャンプ場の管理棟で入手できますので、必ずもらっておきましょう。

他にも有名なシャトレーゼの工場見学も近くにあります。シャトレーゼのアイス食べ放題が可能なので非常に混みますが、キャンプ場から近いので空いている時間に行けますね。

道志のNo1高規格?花の森キャンプ場が快適すぎる6つの理由
こんにちは、Mahaloです。道志村で超人気のキャンプ場といったら道志の森キャンプ場ですよね。こちらも高規格かつワイルドな自然環境として有名ですが、道志の森キャンプ場は、予約ができ
道志の森キャンプ場でデイキャンプが最高!デイキャンプをお勧めする4つの理由
こんにちは、Mahaloです。先日キャンプ業界では超有名な山梨県の道志村にございます、道志の森へ初めて行ってきました。道志の森はベテランキャンパーから非常に好まれており、ブログを探

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中