虫嫌いの子供の結末は?子連れのファミリーキャンプデビュー記録。

こんにちは、ついにファミリーキャンプデビューしたMahaloです。家族構成は、子供時代にキャンプを何度も経験していた夫婦と、4歳と2歳の子供の4人です。

子供は虫が嫌いで、公園のアリでさえ触れないほどの小心者なのですが、果たしてどうなってしまうのか???

スポンサーリンク

ファミキャンデビューの地は家から2時間の山梨清里

沖縄旅行や起業のことでバタバタしていたため、デビューが遅くなってしまいましたが、ついにファミリーキャンプデビューです。キャンプ地は、山梨県の清里に1泊2日の行程です。

清里のモーモーランド清里という2001年にオープンした、比較的新しい場所です。規模も小さく30サイト程度の小さいキャンプ場です。

モーモーランド清里選んだ理由は、以下の通りです。

  • 標高が1000mを超えていますので、夏でも気温が低いので快適である
  • 施設が新しくトイレが綺麗
  • 芝生サイトでテントも汚れず寝るときも快適である
  • 近隣に温泉がある
  • 近隣に観光できる場所が多い

この中でもトイレが綺麗というのは、虫嫌いの子供がいるため必須条件にして選びました。

スポンサーリンク

モーモーランド清里の設備紹介

ここは、フリーサイトですので、どこにテントを張っても問題ありません。しかし、思ったよりもテントを張れそうな場所が少なく、混雑時は坂になってしまう場所にテントを張らなければならない場合もあるかもしれません。しかし、当日は非常に空いていて8組程度でしたので、場所は選び放題でしたので大丈夫でした。

DSC_9678

出典:RAINBOW

我が家のキャンプ地はサイトの奥側にしました。それでもトイレまで1分の距離ですし、炊事場までは30秒というコンパクトなキャンプ場ですね。

炊事場はどんな感じかというと、どちらも新しい施設ですし、清掃が行き届いていて非常に綺麗でした。ゴミは生ゴミのみ捨てる場所があるので、無駄なゴミがありません。これも綺麗な理由なのかもしれませんね。

そして炊事場中央のキッチンスペースは、地味にありがたいものですよね。簡単な調理ができますし、私が行った時は、このスペースでバーナーを使ってカレーを作っている方もいました。まぁ空いているので問題にはなりませんでしたが、驚きました。

そして、洗剤とスポンジが完備されているのも助かりますね。

DSC_9670

出典:RAINBOW

続いてトイレです。写真中央の管理棟の中に水洗の洋式トイレがあります。中は土足厳禁でスリッパで利用することになっておりますので、非常に綺麗なのが驚きでした。子供の頃のキャンプ場のトイレのイメージが悪かったので心配してましたが、ここまで綺麗だと思ってませんでしたから。昔は和式トイレで水洗でない場所も多かったですから進化してるんですね。

トイレでもう一つ驚いたのが、虫がいなかったことです。全くと言っていいほどトイレ内に虫がいないので、何らかの虫対策してるんでしょうね。このあたりは子供連れやキャンプ初心者にとって非常にありがたいです。

DSC05181

出典:RAINBOW

スポンサーリンク

ファミリーキャンプデビューの記録

前置きの施設紹介が長くなりましたが、ここからはデビュー時の記録です。

到着は14時頃です。ここからテント設営していきます。すべてのセッティングが完了するのに約1時間程度です。やはりツールームテントは設営が楽なんですよ。また、荷物もSUVに乗る程度なので非常に少ないと思います。これもセッティングを楽にしている理由です。

テント設営時は、子供は大はしゃぎでテントの周りを走り回りながらお手伝いしています。虫の存在にも気づいてません・・・。

しかし、テント設営完了時にちょっとした事件が判明したのです!スクリーンタープ部分のネットを開けて設営してしまっていたので、中に虫が多くいたのです。子供もちょっとビビリ気味・・・。

早速、準備していた虫対策の蚊取り線香を準備します。普通の蚊取り線香ではなく、パワー森林香(赤色)を使います。この商品は煙が多く虫対策に長けているようです。実際に使ってみると煙の量にビックリしました。そしてスクリーンタープ内の虫にも効果抜群でしたね。

テント設営後に続いては、近くの道の駅で購入したトウモロコシを食べてたら、16時になってしまいました。ご飯の準備をするかお風呂にいくか迷います・・・。話し合いの結果、明るいうちにお風呂にいくことに。車で10分程度行ったところのパノラマの湯へいくことに。近くに天女の湯というのがありますが、パノラマという言葉に魅力を感じて移動です。良いお風呂でした。

キャンプ場に戻ったら夕食のカレーの準備です。

野菜のカットはすべて自宅で済ませてしまっていたので、火にかけるだけです。ご飯もライスクッカーミニという、飯盒よりも簡単にご飯が炊けるというものを利用しました。サイズも3合までのミニサイズですが家族4人の利用でしたら、これで十分な大きさです。5合のクッカーは大きすぎます。

カレーは焚き火台を使ってダッチオーブンで調理します。ダッチオーブンでカレーは焦げずに簡単でした。

夜は、とても静かなところで、星が非常に綺麗でした。

ファミキャンデビュー時の注意点は防寒と虫対策

今回、ファミリーキャンプデビューを成功させたのですが、成功にあたってのポイントは3つありました。

一つは、トイレが綺麗であること。二つ目がテントサイトの虫対策。最後に夜の防寒対策です。

夜のキャンプ場って夏でも涼しいんですよね。標高が1000Mを超える清里ですと長袖でないと寒いです。半袖でタオルケットで大丈夫!と紹介されれいるブログもありますが、標高を考えて装備を検討してくださいね。

虫が多いキャンプもこれを持っていたら安心!虫対策の必須アイテム3選
こんにちは、Mahaloです。先日ファミリーキャンプデビューしてきました。実は我が家の子供はキャンプが好きなんですが、虫が嫌いです。どの程度嫌いかというと、公園のアリでさえ触れない

シェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

30代の東京で消耗している社会人のMahaloです。沖縄でのプチホテル開業に向けて準備中。日々経験したことを自由にまとめているブログです。 ブログタイトルのMahaloはMa:〜の中に Ha:呼吸する、命、魂 Alo:共有する、向き合う 「魂・命の中に共有する」で「Mahalo:ありがとう」と考えると深い意味ですね。 私の大切な言葉「一度きりの人生、無駄にしない。他人にどう思われても構わない。自分で考え行動する」