アクションラーニングを実際に試した結果www驚きの内容でしたよ。

こんにちは、Mahaloです。最近アクションラーニングっていう学習手法にハマってます。アクションラーニングが何?って方はググって欲しいですが、簡単に言うと、シンプルな質問中心で課題解決していく学習手法です。

実際に研修で学ぶ機会があり、研修後の仕事で使ってみたのですが、効果抜群!その感想をまとめてみます。

スポンサーリンク

アクションラーニングってそもそも何?どんな手法?

アクションラーニングで課題解決する事が多いのですが、通常の課題解決手法とアクションラーニングを使う事で何が違ってくるのか。ここが多くの方が抱く疑問でしょう。

実際に体験しましたが、何が違うのか・・・。

それは、アクションラーニングは単純に課題を解決する手法ではなく、学習手法だという事です。一般的な解決手法ですと、課題解決に向けて誰かが良いアイディアを出して解決する事が多いです。しかし、アクションラーニングでは、決して1人のナイスなアイディアで解決するということはありません。課題解決に向けて遠回りになるというデメリットもありますが・・・。

実際にどのように進めていくか。大まかな流れは、

  1. 問題点の再定義
  2. 問題を解決した際のイメージ作成
  3. 解決に向けての自身のアクションプラン

の3つを繰り返すのです。

特に「問題の再定義」が重要なのです!!このパートの進め方は、質疑応答を繰り返す。質問者は自分の意見を言わない。回答は、質問に対してのみ答える。を徹底して進めるのです。

スポンサーリンク

アクションラーニングの何がいいのか?

アクションラーニングを、実際に試すとわかるのですが、課題解決向けて時間がかかる。しかも、非常に疲れるんですよ。

しかし、課題解決に向けたアクションプランは、通常課題解決手法よりも現実的な案が出てくるんですよ。そして、通常よりも課題の真相に迫っているものになっております。

似たような課題の解決に向けて、アクションラーニングと通常の手法の両方を同じメンバーで試したのですが、アクションラーニングの方が良い結果でした。

何が変化するかというと、アクションラーニングは自身が動くプランに決着出来るのですが、通常手法ですと他人任せになってしまう事が多いのです。また、参加者の質問力を上げる学習もできるんです!

ほんと頭を使うので疲れますが、いい手法なんです。この手法で課題解決している時間が面白いんですよ。

スポンサーリンク

アクションラーニングを成功させるポイントは?

最初にアクションラーニングを実施すると、何を質問したら良いのかわからず、戸惑うでしょう。私も同じでした。

ここでは、私が良いと感じた質問のポイントをまとめていきます。

1番良いのが、そもそもの何故を考えさせる質問。いわゆる誰もが疑っていないバカな質問です。これを質問された時、きっと困ってしまうでしょう。でもこういう質問が本質に迫るのに良いのです。

次に良いと思った質問は、抽象的と具体的をコントロールする質問。物事を話す際に人によって抽象的に話す方もいれば、具体的すぎる方もいます。抽象的な場合は、具体的に持っていく。具体的な場合は抽象的に持っていく質問は効果的です。ここをコントロールできると、何を課題と考えているのかが見えてくるんですよ。

最後のポイントは、視点を変える質問。この質問ができる方は、非常に少なく難易度も高いですが、やはり効果が高いです。課題を深掘りしてくれますし、新しい視点での議論が進みます。私もこの質問ができるように頭を使っているのですが、所詮Fラン大学の頭なので、難しいんですよね。これが私の課題です。

PDCAは時代遅れ?負の遺産?新たなOODAループのポイントを理解しよう!
こんにちは、Mahaloです。最近、PDCAに限界を感じてきていて、PDCAなんてなくなってしまえばいい!不要だ!と思っていたところ、OODA(ウーダ)ループという理論を発見しまし
目からウロコの残業ゼロの仕事力!私が毎日定時に帰る為に学んだ3つの習慣
こんにちは!残業が多いと言われるIT業界で働くMahaloです。私も30歳を過ぎで残業する事が辛くなってきました。いつまでも20代のような働き方をしてはいけないと考え、30代になる

 

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。残業しない自由な働き方を実践し、仕事に子育てに奮闘している二児の父親。
沖縄との出会いは、24歳の沖縄旅行。有名な観光地をばかりで予定を組み、特別な経験もできず、疲れた思い出に。
この経験から「旅行は自分の好きなところで楽しむ」と決意。
仕事の休みを使い、毎年7泊旅行を複数回。最近は14泊でプチ移住も体験。
豊富な旅行経験を活かし、友人の沖縄旅行のプランニングし、感謝される経験を積む。

現在は、沖縄ハンドメイドにも力を入れて、「あなただけの沖縄旅行を創り、日々の生活で沖縄を感じさせる専門家」として、特別な体験をプロデュース。顧客からは「コストが半分だったのに楽しめた」と評価を受けている。
また、仕事のやり方を見直し、人生を沖縄色に染める活動にも力を入れている。

将来は、沖縄へ移住し「沖縄旅行者と地元住民が共存し、皆にが幸せな世界を創る」をモットーに、「観光情報ネットワーク」を構想中